So-net無料ブログ作成
検索選択

明日海りおに凄く似合うのが想像出来て歓喜!花組『ポーの一族』 [花組]

( ゚д゚) ・・・



(つд⊂)ゴシゴシ



(;゚д゚) ・・・




(つд⊂)ゴシゴシゴシ




キタ━━☆゚・*:。.:(゚∀゚)゚・*:..:☆━━━!!



本日公式HPにて、
次々回の花組本公演の作品が発表されました!!


『ポーの一族』ですって!!


みりおくん(明日海りおさん)に、
似合い過ぎるくらいに、
ピッタリな演目じゃないですか?


花組さん、カレーくん(柚香光さん)の単独主演に、
『はいからさんが通る』ですし、
なんでしょ
少女マンガの名作シリーズに突入なのでしょうか??


でも、そんなの関係なーーい!


独特な色気とカリスマ性を帯びた役って、
絶対みりおくんに似合おうと思うのです


前代未聞の妖しい美しさだった、
『エリザベート』のトート閣下

あらん限りの色気で女性の心を翻弄する、
『仮面のロマネスク』のヴァルモン侯爵


こういうの、待ってた!


みりおくんのファンは、
今頃狂喜乱舞な感じじゃないでしょうか…(*´艸`)
気持ちは、よーーーーくわかります!


スポンサーリンク








と、公演タイトルを見て、
これだけ大興奮になるのも久しぶりw


あ、カレーくんの『はいからさんが通る』でも、
私は個人的に狂喜乱舞でございましたけど(笑)





とは言いつつも、
実は私、
『ポーの一族』を読んだことがないんです…Σ(゚Д゚;)エッ?


萩尾望都さんの作品は、
少女マンガファンのみならず、
マンガファンからものすごく評価されている方なのは、
よーーく存じ上げておりますけど、
なにぶん世代がちょっと違うので、
接する機会がありませんでした…(しーん)


『はいからさんが通る』がギリなんです
しかも、マンガではなくアニメという…( ゚д゚)
あとから学校のお友達から、
マンガを借りて読みましたけど





萩尾先生の作品で読んだのは、
「残酷な神が支配する」でした…
強烈な作品ですよね…もうビックリ!


凄い世界観な作家さんなので、
おそらく永遠の名作である『ポーの一族』も素晴らしそう…


『ポーの一族』無知なので、
ちょっとネットで調べましたけど、
この作品って、ヒロインいないんですか?


ゆきちゃん(仙名彩世さん)、どんな役になるんでしょうか?


せっかくのみりゆきですから、
見どころがあるといいなぁ、と思います






脚本と演出が、小池先生なんですよね!
小池先生が熱烈にアプローチし続けた結果の舞台化!


小池先生が名前の知れた大演出家となり、
昨年『るろうに剣心』を手掛けて大ヒットさせた手腕が、
萩尾先生の心を動かしたのかな?


マンガ家の先生にとって、
ご自身の描いた漫画は子供のようなものですから、
おいそれとは許可出来なかったのでしょう


『ポーの一族』はそれだけ価値のある作品ですし
読んだことがなくても、
これだけ反響があればどれだけ凄いのかは、
理解出来ますので…


そして、
現宝塚では異質な美を持ち合わせる、
みりおくんが演じるのですから、
萩尾先生も承諾してくださった気がします





いやー、
絶対みりおくんに似合う役だと思います
ちょっと1月も遠征しようかな、と頭をよぎります…


早く観たいですもの!


その前に、『邪馬台国の風』ですね
ちょうど関西に行く用事があるので、
ぜひムラで観劇したいと思ってます





演目って、大事ですね♪
ワクワク感が凄まじく違ってきます!


スポンサーリンク




お世話になっております↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

チケット入手に困った時のお助けサイトです↓

【関連記事】
・同期の礼真琴に続き、柚香光も単独主演!花組『はいからさんが通る』
・明日海りおの魅力がダダ漏れだったで花組『仮面のロマネスク』
・芹香斗亜主演・花組『MY HERO』観劇…チェーンジ・ジャスティス!
・これはズルイ!明日海りおの『仮面のロマネスク』

スポンサーリンク



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0