So-net無料ブログ作成

彩風咲奈主演の雪組『CAPTAIN NEMO』感想…不公平感がハンパない [雪組]

今週月曜日に観劇しました
咲ちゃん(彩風咲奈さん)主演、
雪組さん『CAPTAIN NEMO』の感想です


月曜日の記事でも言いましたが、
私の観劇は11時の回なので、千秋楽ではないです


最初にお伝えしますが、
今回の感想はかーなーり、辛口になるような気がしてます
あくまでも、私のメモになりますので、
ご理解いただける方のみ、おつきあいください


一個人の感想なので、
その辺はご勘弁いただきたいです…


人それぞれな感じで、
軽く読み飛ばしてくだされば、幸いです…


スポンサーリンク









まず最初に、
誤解ないように言っておきたいのですが、
咲ちゃんをはじめとする、雪組生の皆さんは、
本当によく頑張ってらっしゃいましたし、
熱演されてました!


個別の感想は後程しますけど、
皆さんには、心から拍手を送りたいです!





で、問題はですね…
このお芝居です


もうヤッチャッタ感いっぱいの作品でした…(^_^;)


まぁ、私がそう思っているだけで、
感動されてらっしゃる方もたくさんいらっしゃると思います
現に、涙を流されてるのか、
鼻水をすする音が、そちこちから聞こえてましたので…


とはいえ、
私には全く合わない作品でした…
何見ても、感激屋の私が(笑)、
涙どころか、眠くなりそうだったという…ww


最初から最後まで、
このお芝居に感情移入が出来なかったのが敗因です






咲ちゃん演じる主人公のキャプテン・ネモですけど、
彼が胡散臭いんですよね…
いえ、正確にいうと、
咲ちゃんのネモの姿は素敵なんですけど、
舞台上の設定が胡散臭いんです


事あるごとに、
「私たちは家族」というんですけど、
どこぞの宗教、という感じがして、
ちょっと嫌悪感でした…


最後もね、
お決まりな感じなんですけど、
いろんな民族が家族となり、
一丸となって戦い抜くというのが、
「聖戦」という言葉が合いそうな雰囲気があって、
これまた微妙…(´・ω・`)


谷先生のファンタジックなSFは、
私には全然理解出来ませんでした…


どこをどうしたらよくなるのか、
それすらもわかりませんでした…


せっかくの咲ちゃんの単独東上付き主演作なのに、
これではあんまりです…


前回の日本青年館での公演は、
こけら落とし公演で、
ことちゃん(礼真琴さん)主演の『阿弖流為』でした


この『CAPTAIN NEMO』の次の公演は、
カレーくん(柚香光さん)主演の『はいからさんが通る』です


もうね、その二作と比べて、
明らかに貧乏くじな演目なんですよね…
咲ちゃんファンはガッカリだったんじゃないでしょうか
気の毒すぎる…
せっかくのおめでたい単独主演なのに…


傑作じゃなくても、良作だったらよかったんですけどね…
本当に残念です







作品に関しては、
サクッと残念な感想だけ述べましたが、
ここからは、主要キャストの感想を述べます





まずは、主人公のキャプテン・ネモを演じた咲ちゃん


綺麗な顔とスタイルの良さからは想像出来ないほど、
威厳のある船長を演じてました
声も低めで、カリスマ性のあるキャプテンというのを、
よく表現されていたと思います


冷静さの中に秘める熱い家族(住民たち)への思いが、
ところどころに見え隠れしていて、よかったです


とにかく、キラッキラが凄くて、
眩しかったです
ソロのダンスも軽やかでした♪







ヒロイン、レティシア役のみちるちゃん(彩みちるさん)


いやー、お芝居上手!
すごくよかったです
こんなに上手なんて思わなかった


今まで抜擢されてましたけど、
今回その意味がよくわかった感じです


咲ちゃんとも息が合っていました







ラヴロック少佐を演じたあーさ(朝美絢さん)


雪組生としての初作品となったあーさ
軍服姿が似合ってました
キリッとして、冷たく感じる軍人を、
上手に演じていたと思います


元々お芝居が上手なので、こういう役も似合ってました


気になったのが、
あーさの写真が全然売っていなかったこと


咲ちゃんとひとこちゃん(永久輝せあさん)が、
ババン、と並んでいて、
あーさのを探すも見つからず


うーーん
雪組さんでの立ち位置がちょっと心配です







シリル役のひとこちゃん


饒舌で、人を食ったような、
それでいて愛嬌のある新聞記者役のシリルを好演していました


でも、もうちょっとかな、という感じです
長台詞になると、感情がこもるより、
ただ読みあげてる感があったのが残念です
今後は本役で、もっとお芝居の経験値を上げて、
いい役者に育ってほしいところです


ただですね、終盤のシリルが素敵でした
ひとこちゃんの黒い役、今後ぜひ見たいです
視線に色気があってゾクゾクしました♪







フローレンス役のヒメさん(舞咲りんさん)


芸達者なヒメさんですけど、
今回は真っ当な役でした(笑)


活舌がいいし、お芝居も上手なので、
まともな役を堪能させていただきました
こういう役でも、もっと見たいかな






専科のユウさん(汝鳥伶さん)、
みつるさん(華形ひかるさん)も年配男性を上手に演じてました
みつるさんは、
『グランドホテル』とはまた違った感じの中年男性でしたね


雪組の御曹司、ちさとくん(縣千さん)も頑張ってました
大きな役ではんですけど、
目を惹きますね
大柄であるのは素晴らしいです!





気になったキャストの感想は以上です


まだ大阪公演があるのですが、
この作品が少しでもよくなればいいのですけど、
どこをどうしたらよくなるのかが難しいので、
もう押し切って頑張ってください


少なくても、
雪組の皆さんは素敵なので、
ジェンヌさんを愛でる、
という意味では大丈夫かと思います


スポンサーリンク




お世話になっております↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

チケット入手に困った時のお助けサイトです↓

【関連記事】
・だいきほお披露目本公演・雪組『ひかりふる路』…ワイルドホーンが提供!
・雪組『CAPTAIN NEMO』観劇…美弥るりか&愛希れいか月組生多数と遭遇!&95期萌え♪
・雪組『琥珀色の雨にぬれて』ポスターと『CAPTAIN NEMO』先行画像…(´・_・`)
・明日初日を迎えるちぎみゆ退団公演『幕末太陽傳』…彩風咲奈の休演

スポンサーリンク



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。