So-net無料ブログ作成

朝夏まなと退団公演『神々の土地』感想…ウエクミ節炸裂の叙情詩的な作品 [宙組]

台風が近づいている中、
足を運んだ宝塚大劇場…
まぁくん(朝夏まなとさん)の退団公演、
宙組さんの『神々の土地』『クラシカル ビジュー』を観劇するためです


大好きなまぁくんの、ムラでの晴れ姿を見るためです
やはりね、聖地である宝塚大劇場で見届けたかったのです…


あ、あと大好きなうららちゃん(伶美うららさん)もねww(*´艸`)


本当に行ってよかったです!


『神々の土地』は、
大尊敬のブログ様やTwitter情報を覗き見して、
なんとなく期待しないでおこう(笑)、
と思いながらの観劇でしたww


それがよかったのかはわかりませんけど(笑)、
私的には、すっごくよかったです!
涙が溢れて来て、号泣でした(いつものことですけどw)


まぁくん、素敵でしたもの…(*゚Д゚*)ポッ


スポンサーリンク








ここからは、
ぼんやりとは言え、物語の内容に触れます
そんなにネタバレはしていないですけど、
ある程度はしてますので、
気になる方は、ここまででお願いいたします


大丈夫な方のみお付き合いください!


では



















『神々の土地』は上田久美子先生らしい作品だったと思います
ウエクミ節炸裂、とでもいうのかな


上田先生は、
ご自身の作り上げる世界観を大事される方です
今回も、非常に美しい情景を演出されてらっしゃいました


とはいえ、
この『神々の土地』は、1回の観劇では、
その良さがわからずじまいになる可能性が高いと思います


大尊敬のブログ様もご指摘されてらっしゃますが、
状況説明が多すぎて、そのセリフを追うことに、
観客の意識が向かってしまうからです







私は、以前から何度か言ってますけど、
1度の観劇で、全てを理解出来るようにすべき、
という考えを持ってます


宝塚を含めた、ミュージカルや舞台作品って、
チケット代が決して安くないです
何度も足を運ぶコアなファンはいいですけど、
1度の観劇で楽しみたいというライトなファンの方も、
たくさんいらっしゃいます


そのため、難解な作品ですと、
消化不良のまま家路に帰るということになり兼ねません


ましてや、
今回はトップであるまぁくんの退団公演ですから、
チケットを確保するのが厳しいことを考えると、
ちょっとなぁ~、という思いがあります


なんか、『幕末太陽傳』の時も、
全く同じこと言っていたなぁww






その辺り、
『神々の土地』は1度で理解出来るということは、
クリア出来ていない、と思いました


私は、2回目の15時の観劇で、
感動がドドーンと来たのです
1回目で、舞台全体を通してみたおかげで、
2回目にストーリーがすんなり頭に入り込んでくる、
と言った感じかな?


舞台は本当に美しかったです
ロシア帝国の滅びの美学とでもいうかの如く、美しかったです…





上田先生の前作『金色の砂漠』も、
ウエクミ節が炸裂してましたが、
今回の『神々の土地』との大きな違いは、
『金色の砂漠』のメインテーマが、
記憶に残りやすいメロディーだったことと、
キキちゃん(芹香斗亜さん)演じるジャーを語り部にし、
ジャー=ビルマーヤ=ゴラーズのトリオが、
非常に感情移入しやすい物語の善人であったこと
この2つの要因が作品への取り付きやすさに導いたと思ってます


だからこそ、
ギィとタルハーミネの難解な愛情が際立っていたのかな、と…


一方、『神々の土地』では、
そういう役割が見当たらない上、
歴史的な説明も多いため、
情報過多に陥って、感情移入がしづらくなるのかな
と思いました





現に、1回目の観劇で印象に残ったのは、
うららちゃんの美貌、
まどかちゃん(星風まどかさん)の急に起こるヒステリー(笑)、
愛ちゃん(愛月ひかるさん)の狂ったラスプーチン、
きゃのんさん(花音舞さん)と、
せとちゃん(瀬戸花まりさん)のイッチャッてる狂信者、
やたらカッコいいずんちゃん(桜木みなとさん)のゾバール、
すっしー(寿つかささん)の迫力ある皇太后マリア、
でした…


あれ?
まぁくんは??(^_^;)


あ、あった!
ゆりかさん(真風涼帆さん)との妖しい関係ww
まぁまか、バンザイなシーンですねwww


あとは、ラスプーチンとの対決!
クライマックスの見せ場ですもんね





まぁくんは、歴史に翻弄されていくかの如く、
出ずっぱりで大活躍ではあるのですが、
1回目は感情移入が難しかった…


主人公であり、
語り部的な役割がいなかったせいもあるのかな?
ゆりかさん辺りに語り部をさせていたら、
もう少しすんなりストーリーが頭に入りそうだったとは思いました


1回だけではちょっと消化不良気味だったのですが、
2回目からは、感情移入がハンパなかったですw
私、単純だからねーww






まぁくん演じるドミトリーは、
誠実で、真面目で、優しくて、美形…
こんな人、世の中にいるの?っていうくらい素敵な男性でした
そしてね、心密かに思っている女性がいる、というのも、
ポイントが高い!


ドミトリーを演じているまぁくんは、
仕草や立ち振る舞いで、
心の機微を表現されていました
だから、ストーリーを追ってしまう初見では、
ドミトリーの良さが見いだせないんだと思います


イリナへの恋慕が切なかった…


だからこそ、あの二人の場面は、美しいんだと思います
イリナへの想いが痛いほど伝わってくるので、
あまりの美しさに胸がギュッと苦しくなりました


ドミトリーとイリナの場面って、空気が全然違うんですよ
二人だけの美の空間…


オリガがドミトリーに恋をするの、わかりますw(←突然w)


ロシア革命の運命に翻弄されながらも、
自身が信じること、正義を貫き通す強さも魅力でした
逃げてもいいんじゃないの?って思うのですが(笑)、
そんなことはしないドミトリーの生き様(美学)に完敗です…
どこまでカッコいいんでしょうか…


滅びゆく帝国の中を、
結局は救うことの出来なかったドミトリーの虚しさが、
悲しかったです…


勇敢に立ち向かっていった強さと、
打ちのめされた悲愴感…


この対比も、
まぁくんは魅力的に表現されてました


滅んでいく美というものは実にもの悲しいです…


あとは、何と言っても、まぁくんの軍服姿ですね♪
スタイル抜群のまぁくんが着こなすので、
最高に目の保養でした…


ダンスのシーンも美しかったなぁ…
イリナはもちろんですが、オリガとも可愛いカップルでした
大人の女性と、少女と、
両方のタイプの女性に似合うトップさんって、
なかなかいないですよね~
まぁくん、貴重!


まぁくんの宝塚最後の作品が、
上田先生の『神々の土地』であったことに感謝です


私は、まぁくんの主演で一番好きなのは、
『王家に捧ぐ歌』のラダメスなので、
真面目で、優しくて誠実な役が、
本当によく似合うと思っています


だから、ドミトリーはすごく合っていると思うのです!





上田先生は、
毎日のようにダメ出しをされる先生ですから(笑)、
日々舞台は進化しているんだと思われます


なので、ムラの後半で観劇出来たのは幸運かな
東京ではもっともっと、
お芝居に深みが増しているんだろうなぁ、と楽しみにしています






上田先生と、
『神々の土地』と、
まぁくんのことでいっぱい語ったので、
他の方々は後日ww


あー、東京公演の観劇後にしようか迷う…(^_^;)


スポンサーリンク




お世話になっております↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

チケット入手に困った時のお助けサイトです↓

【関連記事】
・『神々の土地』観劇…宝塚大劇場の朝夏まなとを見納め!
・ついに朝夏まなとの退団公演『神々の土地』の初日が来てしまった…
・生観劇に嫉妬w 朝夏まなとのプチミュージカルが素敵だった『A Motion』ライブ中継
・私的「タカラヅカ2015年」は『王家に捧ぐ歌』

スポンサーリンク



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。