So-net無料ブログ作成

私的「ベストタカラヅカ観劇 2017」 [その他]

あと1日で、
2017年も終わりとなります…Σ(゚Д゚;)


1年は本当に早いですよね~
特に、12月に入ると、
あっという間に、「タカスペ」になり、
「タカスペ」終わると、
すぐに年末という…(^_^;)


…というわけで(!?)、
毎年恒例の、
私的「ベストタカラヅカ観劇 2017」の、
発表をしたいと思います~!


今年も、たっくさん観劇したなぁ~
お金もたっくさん使いましたww(←特に尋常じゃなかったのがスカピンw)


本公演、東京の外箱は、
すべて観劇済みです
バウは東京組には、敷居が高すぎて、
1本も観れてません…。・゚・(ノД`)・゚・。


かいくん(七海ひろきさん)『燃ゆる風』は、
観たかったなぁ~
目的は、まあやちゃん(真彩希帆さん)でしたけど…(^_^;)


では、発表に行きましょう!


スポンサーリンク











今年も、
「私的 ベスト・タカラヅカ観劇 作品賞 2017」
「私的 ベスト・タカラヅカ観劇 ショー・レビュー賞 2017」
で、お届けします♪


例年通り、
観劇した日の状況やパフォーマンス内容も影響してますので、
その辺りは、サラリと流してくださると幸いです♪










★「ベスト・タカラヅカ観劇 作品賞 2017」★

3位→1位の順です
では、どうぞ






◆3位:『All for One』~ダルタニアンと太陽王~(月組)


まずは3位ですけど、
すっごく迷いました…


最初は、1位にしようかな、と思ったほどですけど、
冷静に考えていくと、
3位でした(^_^;)


今年一番の快作だったと思います!
純粋に、とても楽しめた作品でした


でも、名作でも、傑作でもないのが、
すごく勿体ないところ…
お話が老若男女問わずな作品だった、というのもあると思います


その分、
何も考えずに、心の底から面白いと感じられたのも事実


この作品での一番の評価は、
生徒さんたちへの宛書(役)が、とても明確だったこと
特に、
たまきちくん(珠城りょうさん)に関しては、
AfOが、真のお披露目公演だったと、今でも思ってます


あと、何と言っても、ちゃぴちゃん(愛希れいかさん)
難しい男女の二役を見事に演じていて、
これも、ちゃぴちゃんではないと演じられないルイ14世でした


三銃士も素敵でしたし、
れいこさん(月城かなとさん)も大活躍で、
目がいくつあっても足りない、痛快な舞台でした!








◆2位:『『神々の土地』~ロマノフたちの黄昏~(宙組)


AfOと迷って、
2位はこちらにしました…


決め手は、
真っ赤な絨毯敷きの大階段を、
1段1段踏みしめるように昇っていく、
まぁくん(朝夏まなとさん)の後ろ姿が、
鮮明に蘇り、
頭から離れなかったからです…


血に染まったとも思わせる、真っ赤な絨毯…


印象深い、ラスプーチンとの死闘後の場面です


この作品は、好みに分かれる舞台だと思います
全編、重苦しい空気が漂っていますし、
静寂の多い舞台ですし…


その中で、ドミトリーが貫き通した、
己の信念と正義に目が離せませんでした


お芝居全体の言葉の美しさも、印象に残っています


上田久美子先生らしい叙情詩的な作品でした


まぁくんの凛とした美しさは忘れません!


うららちゃん(伶美うららさん)の類まれな美貌も決して忘れません!!








◆1位:『阿弖流為』(星組)


実は、当初は、
AfOを1位にしようか、一瞬迷いましたが、
すぐに、「やっぱりアテルイだ!」と思い返しての、
堂々の1位です!!


完璧な名作とは言えず、
少し甘さを残した感もありますけど、
作品自体は、文句なく今年一番の傑作でしょう!


ことちゃん(礼真琴さん)に、
ようやく巡ってきた素晴らしい作品です


歌、ダンス、お芝居…
どれも見どころがあり、感動のラストまで、
あっという間の2時間半でした


せおっち(瀬央ゆりあさん)との友情の場面は、
今思い出しても、涙が溢れてきます


星組若手が本当に頑張った1作


低迷を続ける星組ですが、
この作品を見る限りでは、
まだ希望の光は消えていないな、と感じた大事な1作でした








続いて、
★「ベスト・タカラヅカ観劇 ショー・レビュー賞 2017」★


◆2位:『SUPER VOYAGER!』-希望の海へ-(雪組)


今年は、モンパリ90周年ということで、
良くも悪くも、レビュー満載な年でした…


古き良きな感じの1年だったかな、と思う中で、
1つだけかな~、と思ったのですが、
2位に、こちらのショーを上げておきます


やっぱり、歌って踊れるショースターの誕生が嬉しい♪


だいもんさん(望海風斗さん)は、
まさに、これからのショースターです!


特に、歌ですね♪
まあやちゃん(真彩希帆さん)と繰り広げる、
耳福な歌声は、宝塚ファンはもちろん、
一般のファンをも巻き込んでいきそうです


テーマ曲の『SUPER VOYAGER!』が、
耳から離れないのと、
銀橋でだいもんさんがダンスをしながら歌っているのを、
今でも鮮明に思い出します


1月の東京公演が楽しみ過ぎます♪







◆1位:『VIVA! FESTA!』(宙組)


これは、「YOSAKOI ソーラン」に尽きます


宙組のショー(レビュー)といえば、『シトラスの風』ですが、
この「YOSAKOI ソーラン」も宙組で続いて欲しいくらいです


本当に圧巻のパフォーマンスでした


ゆりかさん(真風涼帆さん)が、
客席を回りながら、
「ソーラン、そ~らぐみ!」と掛け声をするのが、
もうね…


あの王者っぷりが忘れられません!!


男役はもちろん、娘役さんも男前なダンスで、
組子全員での「YOSAKOI ソーラン」は、
大迫力で素晴らしかったです!


みりおん(実咲凜音さん)最後のショーでもあり、
いろいろ思い出深いです!


とは言いつつも、
「YOSAKOI ソーラン」以外は、あまり思い出せないのが、
ちょっと残念です…(^_^;)







◆ベストパフォーマー 望海風斗『“D”ramatic S!』(雪組)


ちぎさん(早霧せいなさん)の退団公演、
『Dramatic “S”!』ではなく、
だいもんさんのプレお披露目の全ツでの、
『“D”ramatic S!』を観て、
パフォーマーを選びました!


あの全ツでの、だいもんさんのショースターぶりに、
度肝を抜かれてしまい、
このショーだけに、チケット代を支払っても大満足でした!


これぞ、トップスターという素晴らしいパフォーマンスで、
私達観客を魅了させた、だいもんさんに乾杯です!








以上が、
「私的 ベスト・タカラヅカ観劇 作品賞 2017」
「私的 ベスト・タカラヅカ観劇 ショー・レビュー賞 2017」です♪


今年は、全体的に、
小粒な印象でした…


これぞ、名作!という素晴らしい舞台に、
2018年には、出会いたいですね♪


『阿弖流為』はよかったけど、
本公演ではないのが、とても残念です…(^_^;)


ちなみに、
今年尋常ではないくらいお金を使った作品は、
我が贔屓の星組、『スカーレット ピンパーネル』です(笑)
お金と満足度が、とてつもなく反比例な作品でした…(^_^;) イッチャッタヨww


そういえば、未だにスカピンの感想はお蔵入りになってるww(お察しください)
来年、どこかでアップするかな?
どうしようかな??






また、
私の敬愛するブログ様は、
すでにベスト観劇な総評記事をアップされてらっしゃいます♪


よろしければ、
併せてご覧ください♪


「シエスタの庭」のシエスタ様⇒2017年 観劇記録とMy Best Play

「心は青空♪」のhappy様⇒2017年 観劇総括(宝塚・梅芸)


100人いたら、100通りの思い出があるんですね
という感じで、
私含めた3人がバラバラな感じも、
読み比べると面白いのでは、と思ってます♪






ちなみに、
私的に、2017年の宝塚ブログ記事大賞は、
happy様の花組さんのショー『sante』の記事です(笑)


東京公演の1列目をゲットしたが故の、
みりおくん(明日海りおさん)とsante(乾杯)してもらうための、
奇跡なsanteグラスのお話ですww(当時、連載になってましたw)


今思い出しても、笑えるwww


「奇跡のsanteグラスで乾杯」な感じで、
記事をカテゴリーでまとめて欲しいくらいww


その中で、1つご紹介
Sante!!で放心状態…


こういう思い出込みで、生観劇ですね♪


2018年もたくさんの素敵な思い出が作れますように…


スポンサーリンク




お世話になっております↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

チケット入手に困った時のお助けサイトです↓

【関連記事】
・私的「最も美しいジェンヌ 2016」
・私的「ベストジェンヌ 2016」
・私的「ベストタカラヅカ観劇 2016」
・2016年は『エリザベート』の年だった・・・私的2016年のまとめ

スポンサーリンク



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。