So-net無料ブログ作成

陽気なちゃっかり者佐平治を好演…早霧せいなの『幕末太陽傳』&残念だったこと [雪組]

昨日観劇した、雪組の『幕末太陽傳』
原作の映画を知らないし、
あらすじもよくわからないまま観ました


知識といえば、
公式HPの作品紹介くらい…


ちぎさん(早霧せいなさん)と、
みゆ姫(咲妃みゆさん)という、
現在の宝塚で、
随一の人気トップコンビであるお二人の退団公演です


笑いの中にホロリとした感じになるのかな?
って思ってましたが、
終始笑いの要素満載のお芝居で、
お涙頂戴的な要素は皆無でした…


『ルパン三世』が、
本公演披露目だったちぎさんに、
ピッタリな演目だったのかもしれません


世渡り上手な上、
お金大好きなのに、
困った人を抜群の頭の良さで解決して、
しっかりお金は頂戴していくちゃっかり者、佐平治
それがちぎさんの役でした…


佐平治=ちぎさん
…というくらいに役はハマっていたと思います


スポンサーリンク











ざっと感想を綴っていきますけど、
ネタバレの可能性が大です!


また、正直な感想なので、
大丈夫な方のみ、おつきあください!














佐平治の頭キレッキレぶりが爽快で、
観ている人も楽しかったと思います


最後もね、
「まさか…」みたいな流れを、
見事にいい方向に変えてきたのも、好印象!


ただね、ちぎさんといえば、
美形中の美形な男役さんなので、
その美形ぶりが堪能出来なかったのが、残念でした…


佐平治自身は面白キャラですし、
憎めず、目を惹くんですけどね…
でも美形じゃない(笑)


そうは言っても、
役者魂炸裂だったちぎさんの演技は、
本当に素晴らしかったです!






女郎おそめを演じた、みゆ姫


これがカッコよかった!
しかも、めちゃくちゃ綺麗!
花魁並みの美しさでした…


私は、みゆ姫の演技力信奉者ですけど、
登場時に、みゆ姫が「可愛い」とか「美しい」とか、
あまり思ったことはないのです
みゆ姫は、動いて一言セリフを言い出した瞬間から、
独特な演技力を発揮している、と評価してました


ですが、
今回は、登場時から美しかったです…
お化粧が格段によくなっているのもあるのでしょうけど、
佇まいや仕草で、人気女郎の貫禄を表現されていたのが、
本当に見事!!


ヒロインとはいえ、
女郎という汚れ役をきちんと仕上げてくるのは、
さすがみゆ姫でした!!


大ちゃん(鳳翔大さん)扮する金ちゃんとの絡みも、
上手に演じていて、笑いの間がよかったです!


最後もね、ちぎみゆらしくて、微笑ましかった…






だいもんさん(望海風斗さん)演じる高杉晋作


カッコよかったです!
意外とちゃんとした高杉晋作なんですね
もっと笑いに走るのかと思いきや、
ちゃんとカッコいい偉人でした!


ちぎ佐平治の切れ者具合を見破って、
共闘していく様は、
ちぎだいファンとしては、見どころの一つでした…





印象に残ったのは、
咲ちゃん(彩風咲奈さん)演じるダメダメな若旦那、徳三郎
いい味出してたと思いますw
まあやちゃん(真彩希帆さん)とのコンビも新鮮でした♪


大ちゃんの金造
カッコいい役ではないですが、
最高に印象に残るいい役だったと思います…


女郎こはるを演じた、あんりちゃん(星乃あんりさん)
さすがあんりちゃん、というくらい綺麗でした
前半部の華でしたね


あとは、個人的に、まあやちゃん…


こんな感じです…(´・ω・`)


雪組の皆さんの熱演は、
本当に素晴らしかったですし、
よくぞあのテンポを保てたと思います!
さすが!!









今回の作品、『幕末太陽傳』ですが、
小柳奈穂子先生の作品です


小柳先生と言えば、
生徒さんへ愛情たっぷりな演出が多いので、
すごく信頼度の高い演出家です!


なんですけど、
今回は、愛が溢れすぎてしまっていて、
ごちゃごちゃした感が拭えませんでした…


バタバタした喜劇なので、
仕方がないのかもしれないのですが、
とにかく、舞台上の人物が、活躍し過ぎるので、
置いてけぼりになってしまった感があります


特に、
高杉晋作って必要だったのかな、と思ってしまうほど…
いや、大事な役ということはわかっているのですが、
舞台上の情報量が多すぎて、
ちょっとついていけませんでした…


きっとですね、
回数を重ねてみると、いろいろとわかってくるでしょうし、
見どころも理解出来るんだと思います




だけど、舞台って、
1度観ただけで理解出来ないとダメだと思うんですね


何回もリピートなんて、
よっぽどのファンじゃないと時間とお金がかかりますし、
何よりも今回の公演は、退団公演です
チケット難ですよね…


きっと千秋楽に向かって、どんどん変わるでしょうし、
東京では変えてくるのかな、と思ってはいます


元が落語というのは、
面白い試みなので、そこは評価したいです


ただ、
小柳先生が愛してやまない『幕末太陽傳』の映画版には、
非常に興味を持ちました
ちょっと見てみたい!






決して面白くないということではありません
ただただ「惜しい」と思っているのです…


駄作ではありませんので、
ファンの方はご安心いただいて大丈夫です!


観劇される方には、高評価の方もいらっしゃるでしょう
でも、私の感想はこんな感じでした…
十人十色ということで、ご理解ください…


スポンサーリンク




お世話になっております↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

チケット入手に困った時のお助けサイトです↓

【関連記事】
・朝夏まなと&真風涼帆観劇に遭遇…雪組『幕末太陽傳』観劇
・ちぎみゆ退団公演『幕末太陽傳』開幕&宝塚大劇場千秋楽のライブ中継!
・明日初日を迎えるちぎみゆ退団公演『幕末太陽傳』…彩風咲奈の休演
・やっぱりこの日が来た!…絶大人気の早霧せいなの退団!咲妃みゆも!

スポンサーリンク



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇