So-net無料ブログ作成
検索選択

花組『MY HERO』スマイルカンパニーが愛しい…チェーンジ・ジャスティス! [花組]

一昨日観劇した、
花組『MY HERO』の感想の続きです…


チェーンジ・ジャスティス!!!(`・ω・´)(シャキーーン)


今回は、
敵役であるスマイルカンパニー側に焦点を!


あと、
気になった方もピックアップしたいと思います


特撮ヒーローにありがちな、敵役であるスマイリー一族
その長が、スマイル・スマイリー!


スマイリーが苗字なの、今知りましたw
てっきりスマイルが苗字かと…(笑)
なので、スマイル一族ではなく、
スマイリー一族なのですね♪


でも、その一族の長である「スマイル」から、
会社名を取るところを見ると、
スマイル一族と言っても過言ではないくらいの、
影響力です!
さすがです、スマイル・スマイリー!


スポンサーリンク










さて、そのスマイリー一族の長、
スマイル・スマイリー役は、たそくん(天真みちるさん)


素晴らしいの一言!
お見事です!!


この作品、
たそくんがいなければ成り立たないくらい、
非常に魅力溢れる敵役でした…
最初の出オチっぽい登場から、
登場するたびに、
クスッと笑いが込み上げていくお茶目な敵役


たそくんは、
こういう役をやらせたら、ピカイチですよねー!
前回の『金色の砂漠』での、
心優しいゴラーズも好演されていたのが、
記憶に新しいです…
本当に、芝居上手で言うことなし!


この作品では、スマイルカンパニーのことを、
「胡散臭い」と言われてますが、
たそくんが、そのうさん臭さを担っていたのは、
間違いないでしょう!ww


わかりやすい悪者で、
でも、ちょっとどこか憎めない、
そんな面白おかしい敵役でしたw


スマイルは生命力ありそうなので、
いつか復活するんだろうなぁー、という気がしてますw


そんなスマイリー一族の象徴でもある、
スマイルカンパニーは、
きっとグッズをわんさか出して儲けているに違いない、
と想像しているのですが、
そのグッズ、欲しい(笑)


出来れば、たそスマイルとセットで♪







スマイリーJr.役のまさくん(矢吹世奈さん)


お父様がある種カリスマ性の高い(笑)、
たそスマイルですけど、
頑張ってました!


だけど、ジュニアなだけに、
ちょっとインパクトが弱いww
どこの世界でも強烈な父親を抜くのは難しいんですね、
というようなことを思いました


それでも、
スマイリー一族は、悪の一族でも、
結束は強く、奥方であるエマを含めて、
ある種の家族愛があったような、そうでもないような…w






義理の母、メイベル役のくみちゃん(芽吹幸奈さん)


笑いの要素のない、
シリアス場面を一手に引き受けているのが、
ノアとメイベルのシーン


メイベルさんのノアへの深い愛情が胸を打ちます
産みの親も大事だけど、
育ての親も大事だよ、と思います…


キキちゃん(芹香斗亜さん)とのデュエットもよかったです…







あと、腹黒い括りでは(笑)、
ヒーローショーのお姉さん役のこりのちゃん(美花梨乃さん)


二面性を見事に出していて、痛快でしたw


しかも、こりのちゃん、
冒頭では、ノアの愛人を演じてるんですよねー
美人モデルさん!
綺麗なモデルさんと、元気なお姉さんという二役を、
別人のように演じられていて、よかったと思います…







以上です
とにかく、たそくんが素晴らし過ぎて、
もう一度観たい!!
あんなに笑わせてくれるスマイルなのに、
ショーではカッコいいという、別のオチw


こういう役を演じられるジェンヌさんは貴重なので、
もっともっといろんな役を演じて、
楽しませてもらいたいです!






齋藤吉正先生は、
生徒さんに目一杯の愛情溢れる方なので、
今回も、全ての生徒さんに見どころがあったと思います!


舞台上での人物が生き生きとしていて、
観ていて心地が良かったです♪


そうそう、
藤井先生への愛情も感じられました(笑)





最後に、
おばあちゃんのモモコ・グレースって、
どうして日本名なんだろ?
それが疑問ですw
ピンキーでいい気がするのですが、
特撮は日本から、という拘りなのかな?


何はともあれ、
チェーンジ・ジャスティス!!!(`・ω・´)(シャキーーン)


スポンサーリンク




お世話になっております↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

チケット入手に困った時のお助けサイトです↓

【関連記事】
・芹香斗亜主演・花組『MY HERO』観劇…チェーンジ・ジャスティス!
・花組『雪華抄』…日本の四季の美しさを楽しく艶やかに、そして切なく
・明日海りおじゃないと成立しない『金色の砂漠』…観劇感想
・これはズルイ!明日海りおの『仮面のロマネスク』

スポンサーリンク



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

芹香斗亜主演・花組『MY HERO』観劇…チェーンジ・ジャスティス! [花組]

昨日、
ききちゃん(芹香斗亜さん)主演の花組『MY HERO』を、
観劇いたしました!


チェーンジ・ジャスティス!!!(`・ω・´)(シャキーーン)



相変わらず、
特に予習せずの観劇でしたが、
思った以上によかったです!


題材が、戦隊ヒーロー物なので、
ちょっと人を選びそうな感もありますが、
すごくハートフルで、笑いもあり、
気づけば、
涙が溢れる溢れる…(涙脆いのはいつものことですがw)


作品そのもののテンポもよく、
わかりやすいお話なので、
そういうところもポイント高かったと思います!


登場人物全員が、愛おしい…(*´艸`)


私的には、
「スマイルカンパニー」グッズが欲しいです!
可愛いです、アレw
ちょい悪なスマイルくんww


スポンサーリンク











今回主演のききちゃん
主役のノア・テイラーを演じてます


ノアは、
爽やかイケメンの人気アクションスターなのですが、
かなり二面性のある曲者ですw
心の声が随所に出てきますが、毒はきまくりww


そういうところを、
面白おかしく、キキちゃんは演じてました!


あとね、
キキちゃん、本当に歌が上手くなったなー、としみじみ…
星組時代を知っている身としては、
キキちゃんの進化ぶりには目を見張ります!
そして、キキちゃんには、
まだまだ成長出来る余裕があるので、
これからさらに変貌することを願ってます


ほんわかした温かみのあるヒーロー、
それがキキちゃんノアかな


アクション、カッコよかったです!
スタイル抜群!






ライバルのテリー・ベネット役のちなつちゃん(鳳月杏さん)


カッコいーー!!
素敵ーー!!
ちょっと陰りのあるダークヒーロー的な感じが、
ちなつちゃんにはピッタリ!
別に黒い役ではないのですが、
ライバルということでw


ちなつちゃんは、
花組でどんどん魅力を開花させてますね!
今回も独特な色気をダダ漏れさせてました!
なんなんでしょう、あの色気…


キキちななコンビが、すごくよかった…
熱い友情が芽生えるところには、きゅん…(*゚Д゚*)


いろんな役を任せられることで、
演技の幅をすごく広げているのが、
本当に頼もしいです!


つい、目で追ってしまうのがちなつちゃん!






ヒロイン、マイラ・パーカー役の音くりちゃん(音くり寿さん)

本当に素晴らしい歌声!
さすがは、音くりちゃん!!!
化粧もだいぶ良くなってきてますし、
お芝居も上手になってきていて、
いずれは、トップ娘役になるでしょう


ただですね、
音くりちゃんの最大の欠点は、
「私が」感が凄まじいところ…(汗)
観ていると、その圧の凄さに疲れます…


まだ100期でかなりの下級生なので、
そんなにガツガツしなくても、大丈夫じゃないのかな?
娘役さんは、男役さんを立てることも大事
その辺りは、これから学ばないと、
トップ娘役になるにしても、
トップさんがしんどそう…(´・ω・`)


そこは、
気品溢れるゆきちゃん(仙名彩世さん)から、
トップ娘役としての帝王学(?)を、
しっかりと学んでいただきたいです
そうすれば、音くりちゃんは最強じゃないかな?


音くりちゃん、娘役にはもったいないですね(笑)
男役だった方が、ぴったりな性格のような気がします
オラオラ感ありますしw








もう一人のヒロイン、
クロエ・スペンサー役のきわちゃん(朝月希和さん)

クロエは登場時はインパクトありますが(笑)、
実際には、とてもいい子
そんな女性をきわちゃんは好演してました


「私と関わった男はみんな勝つ」、
という超あ〇〇〇説を謳いますが、
実は本当だったというwww


ものすごく男性に尽くしてしまうタイプの女性のようです


で、本当にノアが返り咲くというミラクル!
クロエの必死な売り込みのおかげでしょう!
影の功労者です!!


クロエにも、
女性として幸せになって欲しい
テリーがいいと思うんですけどw


そんな風に、
スピンオフな想像をさせてくれるくらい、
魅力溢れるクロエをきわちゃんは、
生き生きと演じてました


クロエ好きだなー






ちょっと長くなりましたので、
スマイル一族のことは、明日にでもw


チェーンジ・ジャスティス!!!(`・ω・´)(シャキーーン)


スポンサーリンク




お世話になっております↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

チケット入手に困った時のお助けサイトです↓

【関連記事】
・礼真琴と95期&星組出身の二番手の活躍に胸熱だった『タカスペ2016』
・花組『雪華抄』…日本の四季の美しさを楽しく艶やかに、そして切なく
・明日海りおじゃないと成立しない『金色の砂漠』…観劇感想
・これはズルイ!明日海りおの『仮面のロマネスク』

スポンサーリンク



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

元花組生が他組でトップコンビに…まぁみり&だいきほ [花組]

先週は悲しいお知らせと、
嬉しいお知らせで、心を書き乱れたました…


まぁくん(朝夏まなとさん)と、
雪組の実力ある生徒さんの退団は、
私達ファンをどん底に突き落としました…。・゚・(ノД`)・゚・。


そんな中、
だいもんさん(望海風斗さん)と、
まあやちゃん(真彩希帆さん)の、
雪組トップ就任は、大変おめでたいお話でした!


特に、まあやちゃんは、
我が愛しの星組の元歌姫ですので、
雪組へ異動した際には、悲しくて悲しくて…
風ちゃん(妃海風さん)が去った後の、
貴重な歌姫でしたし…(´・ω・`)ドウナッチャウノ?


でも、いいのです!
何と言っても、雪組さんで新たなプリンセスとして、
だいもんさんのお嫁さんになるのですから♪(*´艸`)ウフフ


みっちゃん(北翔海莉さん)と、
風ちゃんのみちふうコンビ以来の、
耳福なトップコンビの誕生ですね!ヽ(*´∀`)ノ…ワーイ


スポンサーリンク











そんな、だいもんさんと、まあやちゃんの、
だいきほコンビは、元花組生です!


花組時代のまあやちゃんは、
だいもんさんをとても慕ってました
そういえば、
みりおくん(明日海りおさん)のディナーショーで、
『ロミオとジュリエット』の「エメ」をデュエットしてますよね!
確か、まあやちゃんの素晴らしい歌声に、
みりおくんから「本当に研2?」、
と驚かれたエピソードを思い出します


そして、運命の別れとなった、花組の『エリザベート』
この公演を最後に、だいもんさんは雪組へ…
まあやちゃんは我が星組へ組替えしました…


時を経て、まあやちゃんが雪組へ組替えとなり、
「めぐり逢い再び」ですw


一説によると(単なる噂)、
だいもんさんがまあやちゃんを希望したらしいです
ご本人じゃないので、
全くのデタラメかもしれませんけど(笑)、
だいもんさんが、
歌を中心とした舞台を希望しているのは事実でしょう!


花組時代のまあやちゃんの淡い初恋は、
こうやって実ったのです!(←かなり妄想w)


あー、妄想出来るコンビって素敵!←






話は変わって、
先週、退団を発表したまぁくんと、
本公演で退団する、みりおん(実咲凜音さん)も、
元花組生…


まぁくんの退団記者会見でも、
みりおんとの花組時代のお話が出てました…(しんみり)


まぁみりも、本当に尊敬し合っていて、
実力も素晴らしいトップコンビです!
歌、ダンス、お芝居、どれもが素晴らしい!!


そんなお二人も花組生…(二度目)


こうやって、改めて考えると、
花組って、人材の宝庫なんですね!Σ(゚Д゚;)


花組では、
長らく自組でのトップさんが誕生されてません
花組は、宝塚で最初に出来た伝統ある組のため、
花組のファンが、たくさんいらっしゃいます…


自組あがりのトップさん誕生を願ってらっしゃる方、
きっと多いのでしょうね…


そう考えると、
待望の生粋の花組生トップは、
カレーくん(柚香光さん)かな~?(*´艸`)


カレーくん、私も大好きで、
みりおくん同等に、花組さんでは一番贔屓にしています!
ことちゃん(礼真琴さん)の同期ですし♪


ダンスは上手だし、
立ち振る舞いがカッコいいし、
何よりも、華が、オーラが、凄い!
舞台に立っていると、ついつい目が追っちゃいます!


だから、カレーくん、歌頑張って!
たぶんね、間違いなくすごく努力はしていると思います
だけど、まだまだ努力が実を結んでないのが現状…


まぁくんも花組時代は、歌唱力「?」でしたが、
宙組へ異動になってからは見違えるほどの歌唱力を身に着けました!
カレーくんも、いつかは花が咲くことを祈ってます!


慣れ親しんだ実家のような自身の組で、
トップになれたら、安心感が全然違いますよね、きっと


花組さんファンも、心待ちにしている気がします…








と、言いつつ、
私個人としては、
自組トップではなくても構わなかったりしますw


組替えはご本人にしたら、とても大変でしょうけど、
その大変さの中にも、学ぶべきことはたくさんあると思うからです
現に、組替えで花開くジェンヌさん、とても多いですよね!


何よりも、
組替えでトップになれるのであれば、
それが一番だったり…ごにょごにょ…(←正直すぎw)





で、今回は何が言いたかったのかと言うと、
まぁみりも、だいきほも、
花組じゃなくなったけど、めちゃくちゃ応援しているよ、
という私個人のお話でした…


スポンサーリンク




お世話になっております↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

チケット入手に困った時のお助けサイトです↓

【関連記事】
・次期雪組『琥珀色の雨にぬれて』&だいきほお披露目は「ファントム」希望
・初恋が実った真彩希帆!!…祝・雪組トップ娘役就任!
・凄まじい迫力のソーラン節とまぁみり最後のダンス…宙組『VIVA! FESTA!』
・真彩希帆が雪組に名前を連ねていて涙…きっと幸せが来ると信じてる!

スポンサーリンク



nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

祝・花組みりゆき!…叔母と甥→母と子を経て「トップコンビ」へ! [花組]

花組新トップコンビ、みりゆきの本公演お披露目となる
『邪馬台国の風』『Sante!!』
この作品のイメージ画像が公式にアップされましたね!


私が気づいたのは、一昨日でした
確か『MY HERO』の配役発表と、
『邪馬台国の風』の主要キャスト発表の時に、気が付きました!


いやー、
みりおくん(明日海りおさん)が美しい上に、
頼もしく、逞しい!!


そしてそして、
ゆきちゃん(仙名彩世さん)がこれまたお美しい…(*゚Д゚*)
しかも、初々しいです!
さすが、ゆきちゃん!!


来月の『仮面のロマネスク』も楽しみで、楽しみで…(*´艸`)
みりかのコンビ+べーちゃん(桜咲彩花さん)という、
夢のような組み合わせが、もうね…
幸せ過ぎます!!


スポンサーリンク









さてさて、
すでにみりゆきコンビはスタートしているわけですが、
このコンビは本当に面白いですね!


過去2作の本公演を遡ると、
『ME AND MY GIRL』 『金色の砂漠』になります


ここでのみりおくんとゆきちゃんの配役が、
本当に面白いです!


『ME AND MY GIRL』では、
みりおくんがビルで、
ゆきちゃんが叔母のマリア公爵夫人


『金色の砂漠』では、
みりおくんがギィで、
ゆきちゃんが母親の王妃アムダリヤ


すごいですよね…
叔母と甥っ子→実の親子の関係の二人です


そんなお二人が、今度はトップコンビになるという…





これは本当にとても意義のあることだと思います


ゆきちゃんは実力者がやるような役を多く演じてます
それ故に、芝居心を蓄えて、素晴らしい役者に成長しています


その上、めちゃくちゃ歌うま(技巧派な歌うまです)で、
ダンスも素晴らしい!!
見目も麗しいです…


しかもですね、
たぶんなんですけど、
みりおくんの邪魔にならないと思うのです!


これ、実は、
娘役には一番大事なことだと思ってます!!





歌、ダンス、芝居
これらがどれも平凡な娘役さんがトップになってしまうと、
例えどんなに美しくても、とても残念な気持ちになります


かと言って、
三拍子揃った実力者な娘役さんは、
下手するとトップさんを霞ませてしまう可能性があるんですね


それで舞台を引っ張っていけるほどであれば、
別にそれで構わないですが、
そこまで素晴らしい娘役さんなんて滅多に現れません!


また、宝塚は特殊な劇団です


宝塚って、男役あっての宝塚なんです


なので、
男役さんを立てるということが非常に大事になってきます





特に、今の花組は、
みりおくんの人気が絶大で、
組の顔でもあり、宝塚の顔でもあるのです


そのみりおくんを陰からひっそりと支えられて、
しかも三拍子揃っている娘役って、
そんなにいないんですよ…
逆に、非常にレアでしょう!


そんなゆきちゃんに匹敵するのは、
みりおん(実咲凜音さん)くらいだと思います





ゆきちゃんは内助の功に徹しつつ、
舞台も華やかにしてくださるのではないか、
と今からワクワクしているのです!


しかも、
みりゆきのハーモニーも、きっと素晴らしいでしょう!
美しい低音と高音のハーモニー、
耳が喜びそうです♪


花組さんは、
みりおくんの下もきちんと育っているので、
組力も素晴らしいです
きっと、もっともっと進化した花組を見せて貰えることを、
すごく期待しているのです!





今回はゆきちゃんバンザイな記事なので、
めちゃくちゃゆきちゃん寄りですけど、
別に、前任のかのちゃん(花乃まりあさん)を、
ディスってるわけではありませんので、
誤解なきよう、ご理解ください


かのちゃんのような娘役は普通なんです
路線の娘役さんですから


路線の生徒さんは新公では主役級か、
重要な役につけますし、
本公演でも、目立ついい役、
あるいは、目立つ場面を当てがえられるのです
我が星組のあーちゃん(綺咲愛里さん)もずっとそうでした


それが宝塚の当たり前だったのですが、
ゆきちゃんはそうじゃないから、
応援したくなるんですよ、というお話です






ということで、
早く来月にならないかな~(笑)


みりゆき+べーちゃんの『仮面のロマネスク』が待ち遠しいです!
ちえさん(柚希礼音さん)のコンサートと被ってしまったので、
初日は諦めましたが、2日間通いますよ~!ヽ(*´∀`)ノ


スポンサーリンク




お世話になっております↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

チケット入手に困った時のお助けサイトです↓

【関連記事】
・エトワールで始まりエトワールで幕を閉じた花乃まりあの花組人生
・私的「最も美しいジェンヌ 2016」
・花組『雪華抄』…日本の四季の美しさを楽しく艶やかに、そして切なく
・これはズルイ!明日海りおの『仮面のロマネスク』

スポンサーリンク



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

エトワールで始まりエトワールで幕を閉じた花乃まりあの花組人生 [花組]

昨日、宝塚をご卒業されたかのちゃん(花乃まりあさん)
今日は組旅行なのでしょうか?


りおなちゃん(冴華りおなさん)や、
オカリナちゃん(桜花りなさん)と共に、
花組の皆さんと楽しまれている気がします♪


かのちゃんは、トップ娘役の、
しかも絶大人気のトップさんの相手役だったので、
重圧も苦労も相当だったでしょうから、
今日からゆっくりなさってください


でも、芸能界にすぐに移行されるのかな?
それはそれでいいと思います
前にも言いましけどw


私の場合は、愛する星組の元プリンセス、
風ちゃん(妃海風さん)のことが毎日気になってますw


かのちゃんファンも、次が決まるまでは、
やきもきしちゃいますね、きっと


スポンサーリンク










さて、本題です


かのちゃんと言えば、
花組に組替えになってすぐの作品が、
宝塚の至宝『エリザベート』でした


かのちゃんは、そこでエトワールを担当しました
配役は女官でしたけど…


これね、今でも謎過ぎるんですけど、
どうしてエトワールにしちゃったんでしょうか??


そもそも配役が女官だったから、ということがあり、
次期トップ娘役として華々しくお披露目させてあげたい、
という親心もあったのかもしれません…


ですが、
本来はエトワールは歌うまな方が歌ってこそ、
神々しく輝いて、フィナーレを飾るのです…
しかも、超が付くほどの大作『エリザベート』
配役ミスは許されないんですよ、本当は…
この時のシシィの件は触れませんけど(笑)


少年ルドルフじゃダメだったんでしょうか?
かのちゃんだったら、
味わい深い子ルドを演じたと思うんですよね…


本人の自信にも繋がりやすいと思うし…


適材適所、これは本当に大事だと思ってます
今でもその考えは変わりません
スターシステムの宝塚では、なかなか難しいですけどね


配役にゴリ推しがある場合、
せめて身の丈のあったアレンジをしてあげることも大事なんじゃないかな、
って思ってます…






そんなちょっと可哀想な境遇から始まったかのちゃんですけど、
退団作品でもエトワールを務めました


実に見事でした…


堂々としていて、立派でした…


正直、もっと歌うまの方は、
花組さんにはたくさんいます


だけど、なんて言うのかな
トップ娘役としての風格というか、
気品というか…
本当に美しくて、綺麗でした…


タルハーミネを演じたかのちゃんだからこそ、
魂の浄化されたタルハーミネの如く、
心が解き放たれたような爽やかで美しい姿で奏でられる歌声を、
私は忘れられません…


今回のエトワールにかのちゃんを選んだというのは、
素晴らしい判断だと思います!
まさに、英断!!


かのちゃんにとっても、素敵な栄誉になったと思います…


花組にとても愛されていたんだな、と感じずにはいられない、
一番素敵な演出でした


終わり良ければすべてよし、ではないですが、
このエトワールを務めることが、
かのちゃんの一番の成長の証だったと思います





このことは、もっと前に語ろうと思ってたんですが、
なんとなくかのちゃんが退団してからにしよう、と思い、
今日のアップとなりました


たぶんね、千秋楽を見届けてから、
自分の気持ちを素直に語りたかったんだと思います…


最後に一言!
かのちゃんの第二の人生にたくさんの幸がありますように!


スポンサーリンク




お世話になっております↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

チケット入手に困った時のお助けサイトです↓

【関連記事】
・『金色の砂漠』千秋楽…花乃まりあ最後の雄姿&明日海りおのふわふわ感
・花組『金色の砂漠』生ではMY楽…花乃まりあの姿を記憶に焼き付けた
・花組『雪華抄』…日本の四季の美しさを楽しく艶やかに、そして切なく
・明日海りおじゃないと成立しない『金色の砂漠』…観劇感想

スポンサーリンク



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇