So-net無料ブログ作成

花組『金色の砂漠』生ではMY楽…花乃まりあの姿を記憶に焼き付けた [花組]

花組さんの『金色の砂漠』『雪華抄』ですが、
東京公演を3回観劇しました
そして、本日、
生での観劇のMY楽日でした!


あとは、千秋楽のライブ中継を観劇予定です


記事アップにもたもたしてしまう、
私の悪い癖が発動しないうちに、
珍しく頑張って、
花組さんの東京公演の感想をしておこうと思います…


千秋楽は、
かのちゃん(花乃まりあさん)がご卒業する日なので、
また改めて感想をアップするとは思いますけど…


『金色の砂漠』をムラでも観劇しているのですが、
初日に近い最初の頃の観劇でした
なので、きっとかなり進化しているんだろうなぁ、
と思っての観劇だったのです!


大尊敬のブログ様も、日々かなり進化していっている
とおっしゃってましたしね
みりおくん(明日海りおさん)も上田先生からダメ出しをもらっている、
ともおっしゃってましたし…


どれだけ進化したのか、楽しみで仕方がなかったのです!


スポンサーリンク









で、実際観劇してみると、
それはそれは、すごく進化しておりました!


何よりも、みりおくん演じるギィと、
かのちゃん演じるタルハーミネの気持ちが、
ストンと心に入ってくるのです…


あの痛々しく苦しい激しい愛情が、
心を揺さぶられました…
憎しみも、誇りの高さも、周囲の声などからも、
解き放たれた二人の魂は、とても美しかった…


本当はね、
生きている時に結ばれて欲しかったけど、
激し過ぎる魂の二人には、あの世でしか結ばれなかったんですよね
それが、悲しくて、虚しい…


それも含めて、『金色の砂漠』は愛しい作品でした…





東京では、
とにかくみりおくんの迫力が凄かったです
鬼気迫る演技で、ぐいぐいと引っ張ってくれました
目力が凄かったです
アムダリアの死を告げられた時、
その憎悪溢れる目から、魂の叫びと共に零れ落ちる涙が、もう…
こちらも号泣でした…


歌も力強さが増し、素晴らしかった!


大好きな少年ギィも、やんちゃぶりがアップして、
より生き生きと演じられてました
ますます萌え過ぎて、キュン死です(笑)


すごく難しい役だったギィを見事に昇華させたみりおくん
白馬の王子様なみりおくんも素敵だけど、
黒いみりおくんも魅力がダダ漏れだったので、
次回のカメロマも楽しみです♪






そして、今回の公演で退団するかのちゃん


ムラでも本当に頑張ってましたけど、
やはり東京では、最高のタルハーミネを見せてくれました!
タルハーミネは、
気高くて、その誇りの高さ故に、
素直にギィを愛していることを受け入れられない、
これまた屈折した難しい役でした


その痛々しいまでの屈折した愛情を、
かのちゃんは見事に演じてました


何よりも、美しかった…
それも儚く、尊かった…


ラストの金色の砂漠を見つけたところは、
まるで詩を映像で見ているくらいの美しさでした…
その後のフィナーレで、
あの世で結ばれたギィとタルハーミネの魂は、
ずっと忘れられないと思います…
それぐらい美しかったです


素晴らしい役で卒業されることが出来て、
かのちゃんは幸せだと思います!


今は余韻に浸っているので、
『金色の砂漠』については、
また語る時があるかもしれません…
上田先生の作品の中でも、一番好きかもしれない





それと、『雪華抄』も見納めました!


大好きなショーになった『雪華抄』
これが最後かと思うと、より涙腺が緩む緩むww


出だしのチョンパも変わらず、どよめきが上がってました
今日は初めての方もまだまだいらっしゃいますもんね
本当に艶やかで、華やかで、綺麗です!


歌もね、いい歌です
CD欲しいくらいに好きかも♪


特に、
最後の「桜花夢幻」→「雪華抄」の流れが、
好き過ぎて、DVD買って永遠とリピしたいくらいです!
ここの場面は、本当に胸にグッと込みあがるものがあって、
涙が出てきちゃうんですよね…


「桜花夢幻」の最後にみりおくんが登場して、
ワンフレーズ歌うところなんて、もう…


春は桜のイメージがあり、
桜の花は短命だから、切なくなっちゃうんでしょうかね?
それが、みりおくんの美貌と相まって、
感動がアップしまくりなのです!


かのちゃんも綺麗でした
道成寺の清姫は、蛇姫になるところが好きです
こういう役は、かのちゃん上手!
美しいから余計に怖い!


でも、安珍様の髪型がどうしても気に入らない私は、
ここのシーンはそんなに熱が入らないです(←正直ですみません)
舞台は素晴らしいですけどね…(´・ω・`)
いっそ坊主頭の方が可愛かった気さえします…うーむ


それと、
ゆきちゃん(仙名彩世さん)の織姫の美声も堪能いたしました!
キキちゃん(芹香斗亜さん)との声の相性も抜群でしたしね!
本当に天から降ってくる美声って、こういうことなんだと思います!
何度も言ってますけどw←


あ、あと、
本当にどうでもいいことですけど(笑)、
松本先生の「×」印、
東京では小さくなっていて、色も水色で目立たなくなってました
東京での1回目が2階席だった時、目に入りましたw
ムラでももしかしたら、水色になっていたのかも…
私、最初の頃の観劇だったし
でも、結構気になっていたので、改善されていてよかったです
松本先生の美しい舞に専念したいですもんね!
桜の精、可愛らしくて、綺麗で、好きだなぁ~♪





出来れば、あと2、3回は見たかったなぁ~
久しぶりに熱に浮かされるような舞台でした!


しかし、花組さんはみりおくん以下、
支える生徒さんも素晴らしいですね!
下級生もしっかり育っている印象!!
ホント、羨ましいです(←えっ?www)


もちろん、みりおくんは言うことないですよ!




最後に、
かのちゃん、素敵な舞台をありがとうございました!
千秋楽まで突っ走ってくださいね!
ライブ中継、楽しみにしています!


スポンサーリンク




お世話になっております↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

チケット入手に困った時のお助けサイトです↓

【関連記事】
・私的「ベストタカラヅカ観劇 2016」
・花組『雪華抄』…日本の四季の美しさを楽しく艶やかに、そして切なく
・明日海りおじゃないと成立しない『金色の砂漠』…観劇感想
・花組『金色の砂漠』『雪華抄』を観劇してきました

スポンサーリンク



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0