So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

齋藤吉正に小一時間説教したいけど愛希れいかが可愛かったから許す!『愛聖女』 [月組]






昨日、
ことちゃん(礼真琴さん)のお茶会の前に、
ちゃぴちゃん(愛希れいかさん)主演の、
月組『愛聖女(サントダムール)-Sainte d’Amour-』の千秋楽、
ライブビューイングを観に行きました!


ちゃぴちゃんの初主演バウ、
出来れば生での観劇をしたかったのですが、
全然チケットが取れず、
泣く泣く諦めたところに、
ライブ中継がされることになったのです


もうね、
それはそれは楽しみで楽しみで…
公演が開幕してからは、
毎日Twitterで情報を見まくってましたw


そうしたらですね、
嫌な予感がてんこ盛りな感想の嵐(^_^;)


なので、
相当覚悟を決めて鑑賞しました!


だからなのか、
ダメージは思ったほどではなかったです(^_^;)
でも、
結構パンチが効いてたので(笑)、
先に情報を見てなかったら、
今頃、憤死してたと思います!!!!


ここからは、
結構厳しいことを言います


しかも、
一個人の感想ですから、
あくまでも、この時はこういう気持ちだった、
という私のメモになりますので、
ご理解いただける方のみ、おつきあいください


あ!!
最初に言っておきますけど、
『愛聖女(サントダムール)-Sainte d’Amour-』の作品自体は、
すっごくいい作品で、
心温まる良作でした♪


大事なことなので、先に言っておきます!


スポンサーリンク










もう一度お伝えしますけど、
完全に私の勝手な語りなので、
ご注意くださると幸いです

あくまでも、この時はこういう気持ちだった、
という私のメモになりますので、
いろんな考えがあるんだなぁ…、と、
ご理解いただける方のみ、おつきあいください


大丈夫な方のみ、どうぞ…

















もう一つ、言っておきますけど、
この感想は、月組ファンではなく、
あくまでも愛希れいかファンの感想になる
ということをお許しください!


きっと、
月組ファンなら、
別に何とも思わない可能性がありますので、
私の意見とは異なるでしょう


そこはご理解ください






えっとですね…
本気で齋藤吉正先生に問いたいんですけど、
キューティーステージって、何だったんでしょうか?


今回の作品、
ちゃぴちゃん最初で最後の主演作です


なので、てっきり、
歌って踊りまくる、作品なんだろうなぁ、って思ってました
芝居でも、歌って踊りまくるミュージカル作品、
たくさんありますからね♪


ジャンヌ・ダルクがタイムトラベルするという、
トンチンカンなシチュエーションでも(笑)、
なにかをキッカケにして、アイドルになって踊りまくるのかなぁ、
なんてチンケな妄想をしておりましたw


私の想像なので、
陳腐極まりないのはご勘弁ですけど(笑)






愛希れいかといえば、屈指のダンサーです
今までショーでも、作品でも、
華麗なダンスで、
私たちファンを魅了してきました


残念なことに、
ショースターとしてのちゃぴちゃんの勇姿は、
前回のショー『BADDY』で見納めになってしまったんですね
次回作がミュージカル『エリザベート』ですから


だからこそ、
ちゃぴちゃんファンは、
この公演に「夢よ再び」、と心を弾ませてたのです


きっと、たっくさん踊って、歌って、
キュートなちゃぴちゃんが見れるって!


ちゃぴちゃんファンはそう思ってたと思います





ところが、実際には、
さして踊るわけでもなく、
主人公というよりは、
偶像化されたヒーロー(ヒロイン)がいて、
物語には別の主人公が存在していろいろ翻弄する、
っていう話でビックリでした!


そうなんです
物語の主人公は、
男役から娘役に転向したばかりのじゅりちゃん(天紫珠李さん)だったのです!
本人も、
「この物語のヒロイン(自称)」って言ってましたけど、
冗談ではなく、本当に主人公でした…


これ、ちゃぴちゃんファン、面白かったのかな?
ちゃぴちゃんが歌って踊りまくる公演だと思って、
ちゃぴファンは見に行ったのではないでしょうか?


たぶんですけど、
今回ちゃぴちゃんが主演ですから、
バウで観劇された方の多くは、ちゃぴちゃんファンだと思うのです


わざわざ遠くから足を運んだ方も大勢いらっしゃることでしょう


それが、これとは…
あんまりです…。・゚・(ノД`)・゚・。


はっきり言って、
これだったら、新作ではなく、
ショーやコンサートでよかったです!


マイティー(水美舞斗さん)のバウ、
『Senhor CRUZEIRO(セニョール クルゼイロ)!』のように、
芝居仕立てのショーと、2幕はショー、
という感じにした方がすっきりでした


ジャンヌ・ダルクの時間旅行的な物語は1幕で終わらせて、
2幕は、ショーで歌って踊りまくって欲しかったです


または、
これから始まるそらくん(和希そらさん)のバウ、
『ハッスル メイツ!』みたいに、
ショー形式のみにするとか…


ショースター愛希れいかの部分が、
ほとんど楽しめなかったのと、
月組事情の娘役爆上げの場(むしろこちらが深刻)にしてしまったことが、
残念すぎる結果となりました





じゅりちゃんには、全く罪はないのに、
画面でじゅりちゃんが大暴れしていると、
また騒いでる、と正直ドン引きになってました


きっとそう感じた方、
少なくはないと感じます


齋藤先生のちゃぴちゃんに対する思い入れが、
薄っぺらいのが露呈した感じかな?(^_^;)


ご本人も接点なかったって言ってますしね


でも、接点がなかった上田久美子先生は、
ちゃぴちゃんへの宛書と演出は見事でしたけど
…と嫌味を言っておきますw


スポンサーリンク





ちゃぴちゃんへの宛書や構成、演出については、
不満たらたらですけど(笑)、
『愛聖女(サントダムール)』の作品自体は、
冒頭でも言ってますとおり、
とても心温まる良作でした


本当にそう思いますし、
涙脆い私は2幕の途中から、
涙が溢れてました


齋藤先生は、
こういうハートフルな物語が上手ですし、
運命に立ち向かっていく人間の姿を描くのも、
とても上手な作家です


なので、
パメラの出番を減らすか、
95期の同期に演じさせるかしてくれていたら、
もっとすっきりしたと感じます


たんちゃん(楓ゆきさん)と、
はるちゃん(晴音アキさん)とニコイチのパメラにして、
出番を少し削ってもよかったように思います





それと、
ダンスの場面に物足りなさがあったので、
フィナーレで、1曲爆踊りをして欲しかった…
それ1つあれば、私は成仏出来ましたww


ともあれ、
他の出演者は、みんな素晴らしい活躍でした!




なんだかんだと、
ちゃぴちゃんは可愛かったです!


ダッサダサの芋ジャージを着ようが、
ぶっとんだセンスの現代服を着ようが、
マッシュルームな髪型であろうが、
なぜかキラキラオーラが凄かったです!


なんだろう
立ち振る舞いが可愛かったのかなぁ…


ところで、
前回海ちゃん(海乃美月さん)もジャージを終始着用し、
今回はちゃぴちゃんがジャージを愛用してましたけど、
ダサいジャージは、月娘の常時服になるのかな?(笑)


謎の芋ジャージ推しは、密かに面白かったですww


ちょっと長くなりすぎたので、
後日キャスト感想をアップしたいです!


スポンサーリンク




【お知らせ&更新情報】

●5月28日に記事更新しました
第8回アンケート結果発表!お題は「月組『カンパニー』について」

●1月29日~2月5日に実施してました、
第4回アンケート「95期・神7について」の、
結果発表です!
第4回アンケート結果発表!お題は「95期・神7について」

●結果発表やコメント返しなどの、
(アンケとか萌えとか過去倉庫とかの)
向こうの更新情報は、
Twitterでお知らせしています!
よろしければ、
フォロー願います+゚。*(*´∀`*)*。゚+

アカウント「@takarazukalife4






【関連記事】
・月組ショー『BADDY』…ちょっとごちゃついてたけど上田久美子らしい斬新で楽しいショー
・月組『エリザベート』先行画像…たまちゃぴエリザはコレジャナイ感だけどちゃぴザベートには期待大!
・月組『カンパニー』初日!月城かなと三番手羽根&輝月ゆうまスチール←(^_^;)
・「95期・神7」の今後を考えてみた =2018年1月8日付=

お世話になっております↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓チケット入手に困った時のお助けサイトです



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。