So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

雪組『凱旋門』…東京で仕上げた真彩希帆&轟悠の芝居と歌唱力のアンバランスが残念 [雪組]






先週MY楽を迎え、大千秋楽も迎えた、
雪組さんの『凱旋門』『Gato Bonito!!(ガート・ボニート)』


ショー『Gato Bonito!!(ガート・ボニート)』の感想はアップしましたが、
バタバタしていて、
『凱旋門』の東京公演分は、
まだ感想をアップしてないことに気づきましたので、
慌ててアップしますー!


花組さんのポスター話は、
明日以降ですね(^_^;)
萌えが詰まりまくっているので、
絶対語りたいです!
しばし、お待ちを!





ブログでも言ってますけど、
先週、ラストスパートのように、
2公演観劇しています


1つはe+(イープラス)の貸切公演でした
当日行くまで忘れていて、
ファンクラブのチケット出しがなくて、
びっくりしたのを覚えてますw (^_^;)


ショーでは、
だいもんさん(望海風斗さん)のアドリブはe+にちなんでました
ラストのご挨拶では、
「e+」のアルファベット「E」の文字をジェスチャーしてました♪
あれ、他の公演でもトップさんがやっているんでしょうか?
初めて見たので、ビックリです!



ここから先は
私のメモになりますので、
ご理解いただける方のみ、おつきあいください


スポンサーリンク











もう一度お伝えしますけど、
いろんな考えがあるんだなぁ…、と、
ご理解いただける方のみ、おつきあいください

大丈夫な方のみ、どうぞ…




















さて、『凱旋門』の東京公演の感想です


慌てて記事にしようと思ったのは、
記事タイトルどおり、
まあやちゃん(真彩希帆さん)の記録を残しておきたかったからです!
ワタクシ、まあやちゃんファンですからね~♪(*´艸`)


宝塚大劇場で観劇した時よりも、
素晴らしい出来のジョアンでした


ムラで見た時のまあやちゃんは、
頑張りは伝わるのですが、
ジョアンという役がどうしても、まあやちゃんに似合っておらず…
う~ん、という感じは拭えなかったのです


歌はね、文句なく素晴らしかったですけども…





ところが、
東京公演では、見違えるような芝居を見せてくれました!
さすが、まあやちゃん!!


ただし、やはりこのジョアンという役は、
まあやちゃんにピッタリの役ではないので、
似合っていたかというと、疑問は残るのですが、
演技と声で、十分ジョアンを魅せてくれました!


まあやちゃんって、
本当に舞台向きの声なんですよね
滑舌はいいですし、落ち着いた女性の声が出せるのが強み


舞台から近くの席だと、
若く見えるでしょうけど、
遠くの席だと、落ち着いた女性そのものなのです


相手の主人公ラヴィック役を演じた、
いしさん(轟悠さん)を相手に、一歩も引けを取らずに、
見事な演技をしてました


東京でのまあやちゃんのジョアンは、
本当に男の人が側にいないとダメな依存型の女性でしたし、
ラヴィックが好きで仕方がない感が溢れていて、
見事でした


今、5組の中で、ジョアンを演じられるのは、
まあやちゃんなんだなぁ、と改めて感じたのです
ゆきちゃん(仙名彩世さん)は、
姿はジョアンになれますが(しかももっと美しい)、
声がアニメ声っぽいので、いい女を感じさせるのは難しいです
ちゃぴちゃん(愛希れいかさん)はイケそうですね、そういえば…!
でも、ちゃぴちゃんは博多座で共演済みですからね
仕方なし!


あーちゃん(綺咲愛里さん)は演技そのものがダメですし、
まどかちゃん(星風まどかさん)では、
「混ぜるな危険」になってしまいますもんね


以前も記事にしてますけど…(^_^;)




まあやちゃんは、
いしさんの相手役として、演じることにより、
真彩希帆の役者としての成長が間違いなくあったと感じました


まあやちゃんは、
東上ヒロインをせずにトップ娘役になってしまってますから、
ヒロインを大修行中な部分が少なからずあると思ってます
バウヒロインも1度だけですしね
しかも、組替え直前と言う…


いしさんと組んだ娘役さんは、
トップ娘役に近づくと言われるのは、
こういうことを学ばせてもらえることだと思います


今回の共演で、
まあやちゃんだけではなく、
雪組生にとっても、とても勉強になったと感じます






そして、いしさん!


ムラでは歌唱力の酷さが目立つほど、
良さは感じられませんでした
さすがにお芝居は上手いんですけど、
芝居の上手さ<<<<歌唱力、だったわけです


そんなに歌ってないんですけどね(^_^;)


歌はだいもんさんに回っていて、
どちらかと言えば、
だいもんさんには歌わせておけ、くらいに感じましたし(苦笑)、
雪組生の番手が下がってしまうショックが大きかったのを、
すごく覚えているのです!


そう思うほど、いしさんの吸引力は感じなかったのです





ですが、
東京公演、私の見た千秋楽近くの公演では、
凄まじい気迫の芝居を見せていただきました


歌唱力は相変わらずダメですけど、
ムラの時よりは、ちょっとはマシになってました


でも、そんなことが気にならないほど、
素晴らしい演技を見せていただけたのです


特に、後半部での葛藤が入り混じる場面からは、
息を飲む、緊張感たっぷりの芝居の気迫が凄まじかったです


男役として、いしさんがどれほどの実力があるのかが、
よくわかる舞台だったと感じました


スポンサーリンク






とはいえ、
やはり本公演では、
真ん中の主人公は、トップスターであるべきだったかな、と感じます


それは、だいきほで、
あのメロディーを聴きたかったという思いが強くなりましたし、
ラヴィックはだいもんさんで、
ボリスがいしさんの方がしっくりくるなぁ、と感じたからなのです


いしさんはね、
あれだけの演技派ですし、魅力的な男役ですから、
舞台に花を添えるという点での出演は、アリでしょう
組子さんたちも、ものすごく勉強になるのも感じましたし


でも、それは本公演の主演じゃなくてもいいわけです


『凱旋門』という宝塚歌劇では、
かなり硬派で社会派的な物語は、
今後も再演されるでしょうから、
だからこそ、いしさん現役時代から、
次世代に託すというのも美しかったんじゃないかな
と思った次第です


以前も記事にしてますけど、
その想いは観劇後も変わらないかな(笑)





あとは、歌唱力の衰えかな
何度も言ってますけど、
いしさんの芝居は素晴らしいです
お金を払って見る価値があります


でも、歌うとそのお芝居の価値が、
グンと下がってしまうのです
お芝居だけに徹した方が、
見る方も没入出来ますし、
現実に引き戻されなくてすみます


芝居力≠歌唱力
があまりにも顕著なので、
歌唱力が売りのトップコンビとの相性は、
よろしくなかったというのが、欠点でした




以上が、
今回の『凱旋門』における私のメモです!


まあやちゃんと、
理事に特化してしまってますけど、
『凱旋門』はそういうお話ですもんね…


そういえば、
マルクスを演じたかりくん(煌羽レオさん)が、
ムラではやたらと印象深かったですけど、
東京公演ではそうでもなかったのですが、
演出変わっていたのかな?
それとも、調和されたのかな?


それは不思議に思いました


全体的に、
宿の人々にも言えるかな
ムラではもっと個性的にイキイキした感じがありましたが、
東京では、すごくしっくり馴染んでいたというか…


そのため、とても宿の人々の印象が薄くなってます
その辺りがちょっと残念に感じました


でも、すごくいい作品です



●ただいま雪組の、
『凱旋門』『Gato Bonito!!(ガート・ボニート)』についての、
アンケートを開始しております!!

第12回アンケート「雪組『凱旋門』『Gato Bonito!!』観劇評価を教えてください」

ぜひご投票ください!


スポンサーリンク




【お知らせ&更新情報】

●8月12日に記事更新しました
第10回アンケート結果発表!「宙組『天は赤い河のほとり』観劇評価を教えてください」

●1月29日~2月5日に実施してました、
第4回アンケート「95期・神7について」の、
結果発表です!
第4回アンケート結果発表!お題は「95期・神7について」

●結果発表やコメント返しなどの、
(アンケとか萌えとか過去倉庫とかの)
向こうの更新情報は、
Twitterでお知らせしています!
よろしければ、
フォロー願います+゚。*(*´∀`*)*。゚+

アカウント「@takarazukalife4






【関連記事】
・雪組『Gato Bonito!!』…望海風斗の真ん中感&だいきほが尊い!
・雪組『凱旋門』観劇…作品はいいけどいろいろ思うことがありまくり
・雪組『凱旋門』初日…やっぱりいろいろ思うことがあるようで…
・トップスター望海風斗の凄さを増幅させる真彩希帆というトップ娘役

お世話になっております↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓チケット入手に困った時のお助けサイトです



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。