So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

花總まり『マリー・ アントワネット』…これぞアントワネット!宝塚史上最高の姫役者健在! [宝塚OG]







先日、
はなさん(花總まりさん)主演の『マリー・ アントワネット』を、
帝国劇場で観劇しました!


今回は再演なのですが、
私は初演を観劇していません
かなめさん(涼風真世さん)と、
新妻聖子さんが出てらしたんですよね…
すごく観たかったという記憶はありましたけど、
行けなかったのです


今回は、
キャストも演出も変わっていての再演でした


私的には、
はなさんが、
マリー・アントワネットというだけで、
その舞台の価値がドンと上がるわけです♪
はなさん教の信者ですからね~(笑)(^_^;)


前回の外部初演版『1789』での、
はなさんのマリー・アントワネットは、
本当に凄かったですし、
さすがは名姫役者という貫禄もあり、
再演も希望したんですけどね…残念です


スポンサーリンク










でも、
今回は『マリー・ アントワネット』という、
タイトルロールの主演でした!


はなさんがマリー・アントワネットを演じていただけるという、
ありがたさ…
あー、幸せ…♪


過去のはなさんのアントワネット記事です♪
・見よ、これがアントワネットだ! 花總まりの『1789』観劇






とにかく、
本物のマリー・アントワネットは、
この人なんじゃないか、というくらい、
はなさんのアントワネット様は素晴らしかったです


心理描写や、役への憑依がスゴイので、
観客も没入感もハンパなかったです


少女時代から、革命までのアントワネットの生き様を、
見事に表現されてました!


本当に可愛いから、美しいまでを演じられる姫役者です
宝塚歌劇史上、こんなに凄い娘役さんは、
やはり出ていないですよね


ちゃぴちゃん(愛希れいかさん)は、
はなさんと同等クラスの芸事に長けた娘役さんだと思いますし、
高評価ではありますが、
決して姫役者ではないです


それを見るだけでも、
十分価値のある舞台でした…


これだけで大満足!






さて、
舞台の感想ですけど、
いつも通りサクッと行きます


作品そのものは、
結構厳しいかな、という感じでした
特に、
1幕目は時々気が遠くなる瞬間もあり、
退屈なところが多かったです


楽曲は、
シルヴェスター・リーヴァイなので、
曲自体はすごくよかったです


みんな大好き『エリザベート』の生みの親ですからね!(笑)


なぜそう感じるかというと、
とにかく、「ヘイト(Hate)」が凄くて
見ている方がゲンナリするのです…(´・ω・`)


革命の裏側の人間の心理としては、
それが正統なのでしょうけど、
1幕全体が、徹底的に「ヘイト」の集まりなので、
本当に辛かったです


その点、
『1789』は、平民の恋心を絡めたり、
アントワネットの贅沢三昧の影で、
使えるアントワネットとオランプの関係があったりで、
ヘイト一色ではないからこそ、
観劇に耐えるんだと、改めて感じました


革命の勢いと正統派だけでは、ドラマって退屈…
ということを知りました




なんで、
宝塚歌劇での『ベルサイユのばら』が成功したのか、
ミュージカル『1789』が成功したのかが、
よく理解できたのです
平民とアントワネット側の、
バランスが大事なんですね
絶妙な互いの立場、描写のバランスが大切なのです





それがとても残念でした


マリー・アントワネットは、
無邪気で若気の至り故、
贅沢三昧になるのですが、
その周りの取り巻きも基本的にヘイト側
正確には狡猾で、ずる賢い人物たち…


善人がほとんど見当たらないから、
感情移入がすごくしづらかったです





本来、
マルグリット・アルノーが、
その役目を負うべきなのですが、
彼女もヘイトの塊です


2幕では、
変わっていくのですが、
その微妙な変化があまり汲み取れませんでした


私が観劇したのは、昆夏美さんでした
終始、眉間に皺を寄せて、
いかつい形相で、「打倒マリー!」だったので、
アントワネットへ同情してしまうという感情の変化が、
ほとんど伝わらなかったのです


そこがすごく勿体ないですし、残念でした


これ、ソニンさんか新妻聖子さんで見たかったなぁ
やっぱりヘイトの塊で終わってしまうのでしょうか?


時間があれば、
ソニンさんで再挑戦するかもしれません





すごく勿体なくて、
ドン引き気味だった1幕ですけど、
2幕は、いろいろと動きがあり、
革命の残酷さ、市民の狂気、マルグリットの心の変化、
アントワネットの運命、ルイ16世の心、フェルセン伯爵の報われぬ奮闘…


それらが上手に噛み合って、
ものすごい感動を生み出します
もう涙が溢れて止まりませんでした…


その感動の最高潮が、
はなさん演じるマリーが老婆のような姿に成り果て、
馬車に乗ろうとするもよろけて倒れる場面…


本当のおばあちゃんのようなよろめきと転び…
弱々しさと、体の細さ…


演技でこれを体現できる役者って、そうそういません


本当にすごい気迫の演技で、
息を呑むように見つめていました
こういう芝居の上手さはさすが、はなさん!





あと、
全体的に、この場面って必要なの?
と思わる場面も多かったのが、
退屈になったところの要因でしょうか


前回の初演を観劇された方が、
全然演出が違うとおっしゃってましたけど、
初演はどうだったのかな?


そもそも、
アニエス・デュシャン役がいないのが、
残念な方向になった気がしてなりません
アニエスは、
マルグリットのヘイトを収める役ですよね


そう思うと本当に残念です


ローズ・ベルタンとかレオナールとか、
大きな場面は必要なかったように思います
ちょこっと賑やかしな場面程度で十分


それよりも、
マルグリットのヘイトを収めて、
アントワネットへの同情を、
引き出すような場面の方が必要でした


ゆみこさん(彩吹真央さん)には、
アニエスを演じてもらえばよかったのでは?


ヘイトミュージカルは辛いです…






キャストは全員素晴らしかったです!


マルグリットの役自体には、
文句ばかり言いましたが(笑)、
それは役そのものの話であって、
演じた昆夏美さんは、素晴らしかったです


歌うまなので、安心ですし、
迫力もありました




フェルセン伯爵は、
久しぶりの田代万里生さん!


私はたぶん『エリザベート』以来です
その時は、フランツでした
はなさんとの息もピッタリでしたし、
とにかく、歌が上手い!


オープニングから心情を迫力のある歌に乗せて、
一気に観客の心を掴んでました!


演技もよかったですし、いうことなし!!





ルイ16世役は、佐藤隆紀さん!


私は、はなさんと佐藤隆紀さんの組み合わせで、
チケットを取ったので、大大大満足です♪


こういうおっとりとした役も上手です
ルイ16世が可愛かった…体型も(笑)


そして、素晴らしい歌声を聞かせてくださり、
ありがたき幸せ状態です♪
次も佐藤さんの日で見たい!


はなさんともお似合いでした!!





オルレアン公役の吉原光夫さん!


流石すぎて、言葉も出ないです
上手いですね~
ヘイト側(笑)の大ボスを堂々と演じていて、
まさに裏のボス、ここにあり、の状態でした


歌も最高!


スポンサーリンク





みほこさん(彩乃かなみさん)演じるランバル公爵夫人


久しぶりにみほこさんを見ました!
相変わらず、歌は上手ですし、
お芝居も上手!
立ち振る舞いも娘役らしく上品で美しかったです…
お元気そうでなにより!


そういえば、
昔、はなさんが宝塚歌劇団在籍中、
みほこさんは、宙組で娘2でしたよね~
はなさんヒロインの、
新公ヒロインもしてたり…
な、懐かしい…Σ(゚∀゚*)


心の中でホッコリしてました!





ゆみこさん演じるローズ・ベルタン


嫌らしくも狡猾なローズ・ベルタンを好演してました
ちょっとコミカルば場面もあり、
観客を和ませてくれるものの、
役自体がヘイト側だったので、ちょっと勿体なかったです
ゆみこさんのせいではなく、
演出の方のダメさですね


そういう意味では、とても上手でした!
衣装係という役なだけに、ドレスも似合ってましたよ





ざっくりと行きましたけど、
感想は以上です


とにかく、
1幕目と2幕目の温度差が激しすぎて、
そこがあまりにももったいなかったと感じます


1幕目には、凄さや感動は全くなく、
ただただヘイトにうんざりという印象しか持てなかったのが、
残念すぎました


だからこそ2幕目を感動に、
となるのかもしれませんが、
ちょっと演出やキャラ設定に問題がありそうです


初演ってどうだったんでしょうか?(二度目)


ところで、
笹本玲奈さんって、初演はマルグリットだったんですね!
絶対似合いそうですけど、
アントワネットも似合いそうですが…


歌唱力だけの評価でしたら、
間違いなく、はなさん<笹本さんでしょうし…


ただはなさんには、
アントワネットとしか見えない芝居力、佇まいが武器なので、
その身のこなしを堪能してくれれば、
それだけで価値があります


さすがは、
宝塚歌劇史上最高の姫役者です!


もう1回観に行きたくて、うずうずしてます(笑)
はなさんとソニンさんで見たいなぁ…


ちなみに、
一番好きな歌は、「流れ星のかなた」です
『モーツァルト!』 の「星から降る金」のような意味のある、
ナンバーでした…


スポンサーリンク




【お知らせ&更新情報】

●9月22日に記事更新しました
第11回アンケート結果発表!「星組『ANOTHER WORLD』『Killer Rouge』観劇評価を教えてください」

●1月29日~2月5日に実施してました、
第4回アンケート「95期・神7について」の、
結果発表です!
第4回アンケート結果発表!お題は「95期・神7について」

●結果発表やコメント返しなどの、
(アンケとか萌えとか過去倉庫とかの)
向こうの更新情報は、
Twitterでお知らせしています!
よろしければ、
フォロー願います+゚。*(*´∀`*)*。゚+

アカウント「@takarazukalife4






【関連記事】
・月組『鳳凰伝』愛希れいかの才能に釘付け…ちゃぴランドット最高
・『レディ・ベス』観劇…花總まりの可憐さに悶絶&号泣な名作
・花總まりのインスタに龍真咲登場…ガラコンのWシシィなツーショット
・見よ、これがアントワネットだ! 花總まりの『1789』観劇

お世話になっております↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓チケット入手に困った時のお助けサイトです



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。