So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

だいきほを見ていると礼真琴には真の歌姫な相手役を望んでしまう、というお話 [星組]







本当は、
溜まっているネタを記事にする予定でしたけど、
ちょっと予定変更(笑)


こうやって、お蔵入りが増えていくのね…(^_^;)
いや、頑張りますけど…
自分のメモとして大事なので、
記事にしておきたいのです…
とんちんかんな時期にアップすることがあるのは、
そういう意味もあるのですw


ということで、
本日は脱線した話題に(笑)


久しぶりに『カフェブレイク』を見たら、
だいきほ特集…もとい、
『ファントム』のだいきほさきが出てました


まあやちゃん(真彩希帆さん)を、
めちゃくちゃ応援している私は、
「わ~い、まあやちゃんだぁ(はあと)」と、
アホ丸出しな感じで視聴(^_^;)


まあやちゃんのテンションに、
だいさきが引いているのが笑えます
でも、
まあやちゃん、全くめげてません!
それでこそ、まあやちゃん!(*´艸`)ウフ


スポンサーリンク










さて、本題です


だいきほと言えば、
宝塚歌劇団史上でも、稀に見る最高の歌唱力コンビです!
好みはさておき、
歌唱力の凄さは、ヅカファンみんなが認めるところでしょう


実際、
パワフルなだいもんさん(望海風斗さん)の歌唱力に、
まあやちゃんは全く引けを取らず、
対等に実力を発揮しています


だからこそ、
だいきほの価値があるわけですね
ヅカファンは自信を持って誇れる歌唱力コンビですから


宝塚歌劇団は、
「歌」劇団というにもかかわらず、
歌唱力難なトップコンビが存在するという、
とても不思議な劇団です


ただ人の好みは様々ですし、
観劇における感動も、
100人いたら100通りなわけです(いつも言ってますけどw)


なので、
歌唱力が全てとは言いません
ダンスに魅了されたい方、
ビジュアルで夢の世界に連れて行ってもらいたい方、
包容力で包み込まれたい方、
いろんなファンの方がいらして、
それぞれのニーズに応えられるというのも、
宝塚歌劇団の面白いところだ思います


で・す・が、
最低限の歌の上手さは確保して欲しいですね(^_^;)
やっぱり、舞台がズッコケるレベルはね…
せめて、
トップコンビのどちらかは歌唱力があってこそ、だと思います


あくまでも、
私が勝手に思っていることなので、
異論な方もいらっしゃるでしょうけど、
そこはご勘弁を!





で、だいきほを見ていると、
歌えるトップスターには、
歌える相手役がやっぱりベストなんですよね…


かつて、
オサさん(春野寿美礼さん)に、
みどりさん(大鳥れいさん)がいた時代も幸せでしたっけ…
オサさんも素晴らしい歌唱力で歌の人でしたけど、
みどりさんも歌姫クラスの方でした


『エリザベート』のシシィの歌唱力は、
本当に素晴らしかったです
立ち振る舞いや、ビジュアル面で勝っているシシィは、
みどりさんよりも素敵な方はたくさんいらっしゃいますけど、
歌唱力は抜群でした


歌の上手さってものすごく記憶に残ります…
CDを聴くのも幸せになりますもんね♪





近年では、みちふうが人気だったのも、
この歌唱力がウリだったからでしょう
風ちゃん(妃海風さん)は、
真の歌姫ではないですけど、
十分すぎるほどの歌の上手さでした
みっちゃんとの声の相性も抜群でしたしね
声の相性って大事ですから
みりゆきも声の相性最高ですよね~





そう考えると、
次期トップスター候補であることちゃん(礼真琴さん)には、
歌える娘役さんが相手になって欲しいかな、とつくづく感じました
『カフェブレイク』を見てねw


だいもんさんが、
まあやちゃんがダイナミックで、
すごい高音で発声をしている、
と言ってましたけど、
こういうところが、だいもんさんにとっても、
いい相乗効果になっているのではないでしょうか

トップスター望海風斗の凄さを増幅させる真彩希帆というトップ娘役


根本のところが出来上がっているので、
安心していい作品に取り組めますからね


ことちゃんは、
めちゃくちゃストイックな人なので、
きっと娘役さんにも、
求めるものが高水準になると思ってます


そうなると、
元々の地の部分に才能がある方ではないと、
到底、作品が高水準になることもないわけで…
ことちゃん1人頑張ってもね、いいものには仕上がらないです
バランスが悪くなるだけなのです


そういうことがないように、
ことちゃんに似合った相手役が見つかればいいな、
と思ってます


歌うまが少ない宝塚歌劇団ですから、
ことちゃんは歌に特化した方がいいでしょう


歌唱力抜群なまあやちゃんのような、
真の歌姫を相手役にして欲しいかな、
とだいきほを見て、ますます感じたのでした


スポンサーリンク





以前、アンケートで聞いたことがあります
第6回アンケート結果発表!お題は「礼真琴と柚香光の相手役(トップ娘役)について」


その時にいただいたコメントに、
「(礼真琴さんには)二人で歴史に残る作品を作ってほしい」、
というのがありました!
素晴らしいコメントですよね


私はこの時のお返事でも言いましたが、
「大切なのは、ことちゃんの歌唱力を生かすこと」、
これに尽きます


せっかくの歌唱力スターに、
相手役の歌唱力が残念だったら、
ミュージカルへの期待値がどっと下がります
そして、
可哀想に、その時の相手役にも甚大な被害が生じるでしょう…(´・ω・`)
この場合の歌えない相手役って、いいこと何もないので…


適材適所って本当に大事だと思いますし、
相性もすごく大事です


その辺りを劇団が、
間違えた判断をしないように注視していきたいですね


少なくても、
カ〇〇ネとか、ス〇〇〇ー系とは勘弁です(^_^;)
スポンサーなら(あ、言っちゃったw)、ことちゃんに付けてくれ!(笑)


あと、現在、
5組中、星組が一番バランス悪い組なので、
トップ娘役の組内昇格はちょっと…と思ってます
現在も…ごにょごにょ…ですし…(^_^;)
くらっち(有沙瞳さん)はいいですけど、
歴史に残る作品となるのであれば、
真の歌姫じゃないと厳しい気もします


まぁでも、
くらっちなら演技力が抜群ですし、
歌うまでダンスも悪くないので、十分かな


やっぱり、
本公演や新人公演で、
ちゃんと娘役を育てていかないのは、
お話になりませんね…
星組はマジでダメすぎ…


娘役育成については、
まだ後日話をしたいですね…
そのうち…(^_^;)


スポンサーリンク




【お知らせ&更新情報】

●9月22日に記事更新しました
第11回アンケート結果発表!「星組『ANOTHER WORLD』『Killer Rouge』観劇評価を教えてください」

●1月29日~2月5日に実施してました、
第4回アンケート「95期・神7について」の、
結果発表です!
第4回アンケート結果発表!お題は「95期・神7について」

●結果発表やコメント返しなどの、
(アンケとか萌えとか過去倉庫とかの)
向こうの更新情報は、
Twitterでお知らせしています!
よろしければ、
フォロー願います+゚。*(*´∀`*)*。゚+

アカウント「@takarazukalife4






【関連記事】
・礼真琴と柚香光時代の二番手問題を考えてみた =2018年3月16日付=
・オフ会でのお題:礼真琴と柚香光の相手役を再度考える
・礼真琴の活躍は頼もしいが、実力が抜きん出すぎてるのが現時点の不安
・トップスター望海風斗の凄さを増幅させる真彩希帆というトップ娘役

お世話になっております↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓チケット入手に困った時のお助けサイトです



nice!(4)  コメント(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。