So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

宙組『白鷺の城』…和物ショーではわかりやすくまとまていたと思うが… [宙組]







今回は、
宙組さんの『白鷺の城』の感想です


和物のショーで、
陰陽師・安倍泰成と、妖狐・玉藻前のストーリーでした


最初これを見た時、
こちらがお芝居だと大きな勘違いをした記憶が蘇ります(^_^;)
和物のショーだったんですよね


主人公を明確にしているので、
ショーのストーリーはわかりやすかったと思います


わかりやすいんですけど、
なんでしょう…
ちょっと抑揚がないというか、
フィナーレまでは、割と平坦な印象でした
華やかな場面も、
戦いの緊張感もあるんですけど、
なんか「あ、この場面終わった」的な感じがしてしまいました


ストーリーからすると、
胸に突き刺さるものがあって、
じんわりと感動していくのかな、と思いましたが、
そんなこともなく…


正直あまり記憶に残らなかったんですよね…
まどかちゃんが艶やかだったり、可愛かったり、
というのだけは、やたらと覚えてます!


スポンサーリンク










キツネのお面とか、
ずんちゃんがオープニングで登場したとか、
上記のように、まどかちゃんが可愛かったとか、
それぐらいは思い出せるですけど、
記憶が薄い…(^_^;)


和物ショーといえば、
花組さんの『雪華抄』が素晴らしすぎて
勝手にハードルを上げてしまったのが、
一番ダメな要因でした
あくまでも、私的な事情です


この作品を高評価されている方も多いので、
私の感性が鈍いんだと思います
可哀想で憐れな私の感性、ということで、お許しください…






全体を通して、場面が暗くて、
話が重たいのも原因でしょう


フィナーレが鮮やかで、楽しかったんですけど、
それがなかったら、ちょっと…な感じでした





やっぱりテーマ曲って大事ですよね
花組の『雪華抄』はテーマも華やかでしたし、
メインテーマの曲も、構成もよかった!
原田先生、素晴らしかったです


構成がよくなかったように思えます


一場面一場面は悪くないんですけど、
物切れ感があり、
前後の場面展開が一瞬で理解しづらいところもマイナスでした


時代が変わって妖狐は転生し続けているんですよね
わかるんですけど、分かりづらかったです…





また、歌が少なかったですね
ショーなんですから、
もっといろんな生徒さんに歌わせほしかったです
宙組さんは歌える人が多いんですし…
もったいない


特に残念だったのが、じゅりちゃん(天彩峰里さん)
あれだけの歌唱力の持ち主なんですから、
八重という役を与えられていましたので、
そこで少しでも歌が欲しかったかな…






ではざっくりと気になったジェンヌさん別感想を…
本当にざっくりです


・安倍泰成のゆりかさん(真風涼帆さん)


さすがの貫禄ですね
白塗りでも美しかったです
ゆりかさんって、意外となんでも着こなせちゃうので、
和物のお芝居もいけそう
ラストの青天ですら、似合ってます感が凄かったです


戦っている姿や、陰陽師としての姿もよかったです
でももう少し、群舞的なものがあった方がよかったかな
せっかくの王者がもったいなかったです



・玉藻前のまどかちゃん(星風まどかさん)


とにかく可愛かった!
どこぞのお姫様感があって、目を惹きました
妖狐というよりも、
可愛い姫君って感じでしたけど、
魅力的に見せるという点では大成功でしょう!
歌も文句なしに上手


きっと妖艶な妖狐というよりは、
可愛さでノックアウトな妖狐だったと思われます
それもよし!


最後の少年っぽいのが「あれれ?」でしたけど(笑)、
あれ男の子じゃないよね?
2人が転生して幸せになったんだよってオチですよね
まぁ幸せそうだったから、いっか





・安倍保名の愛ちゃん(愛月ひかるさん)

和物ということで、
愛ちゃんが松本先生と一緒という大役を!
所作が綺麗で美しかった…
この役をできるのは愛ちゃんだけでしょうね
ここで学ばれたことが大きいんじゃないでしょうか


松本先生の場面なので、非常に印象深かったです





・岡見宗治のキキちゃん(芹香斗亜さん)

武将姿がカッコよかった
堂々とした立ち振る舞いにきゅん…
歌も上手でした





・宮本無三四のずんちゃん(桜木みなとさん)

冒頭から大事な役割で登場
右側の上手しか見てませんでした
すみません、すっしーさん(寿つかささん)





・松本悠里先生

舞は本当に美しいですね
きっと年齢的にはかなり厳しいのではないか、
と察しますけど、
和物には松本先生の存在感は必要でしょう


でも、セリフは別の生徒さんでよかったと思います
1人だけ歌舞伎の女形のような声でしたし…
違和感がもったいなかったです


スポンサーリンク





妖狐の悲恋が最後は成就した、というのが、
宝塚的でよかったです
終始暗いムードが一変して楽しかった!

フィナーレだけは絶賛です!
真風涼帆のフィナーレで全てを帳消しの大満足!宙組『異人たちのルネサンス』 


キツネのお面が可愛いですね
なんかあの可愛い感じのキツネのお面が出てくるマンガを、
昔読んだことがある気がします
なんだったかさっぱり思い出せませんけど…(^_^;)


なんとも薄っぺらい感想ですけど、
もう1回観劇したら、もう少し感動するのかな?
2度目はストーリーもわかりますからね


次回に期待したいです




そういえば、
『白鷺の城』も『異人たちのルネサンス』も、
羽がモチーフになってましたね
それに合わせて、
劇場の入口右手にあるクリスマスツリーも、
羽のライトが置かれてましたね


トリプルで羽がテーマになってました
統一感があっていいんじゃないでしょうか(←「そこ?」とか言わない!w)


スポンサーリンク




【お知らせ&更新情報】

●11月28日に記事更新しました
第13回アンケート結果発表!「花組『MESSIAH』『BEAUTIFUL GARDEN』観劇評価を教えてください」

●1月29日~2月5日に実施してました、
第4回アンケート「95期・神7について」の、
結果発表です!
第4回アンケート結果発表!お題は「95期・神7について」

●結果発表やコメント返しなどの、
(アンケとか萌えとか過去倉庫とかの)
向こうの更新情報は、
Twitterでお知らせしています!
よろしければ、
フォロー願います+゚。*(*´∀`*)*。゚+

アカウント「@takarazukalife4






【関連記事】
・真風涼帆のフィナーレで全てを帳消しの大満足!宙組『異人たちのルネサンス』 
・真風涼帆で待望の『オーシャンズ11』キタ━(゚∀゚)━!!!芹香斗亜とのまかきき楽しみ♪
・宙組トップスター真風涼帆の大羽根に感涙!『天は赤い河のほとり』『シトラスの風』
・芹香斗亜の宙組組替えは大成功だと思う…適材適所って大事!

お世話になっております↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓チケット入手に困った時のお助けサイトです



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。