So-net無料ブログ作成

真彩希帆の真の実力を堪能した『ファントム』…さすがは現宝塚の最高の歌姫! [雪組]







雪組さんの『ファントム』が大千秋楽を迎えました!


だいもんさん(望海風斗さん)、『ファントム』大千秋楽、おめでとうございます!


歴代最高の『ファントム』をありがとうございます!
幸せでした♪+゚。*(*´∀`*)*。゚+


…ということで、
今回は『ファントム』のヒロイン、
クリスティーヌを演じたまあやちゃん(真彩希帆さん)の感想です


今回心底思ったのが、
クリスティーヌという役は、
本当にまあやちゃんに似合っていたということ!


歌唱力が必要な部分はもちろんですが、
ヒロインとして、
非常にまあやちゃんが演じやすい役だったのではないのかな、
と感じたからです


まあやちゃんは、
雪組に組替えしてから、
大人っぽい役を演じることが多かったですが、
クリスティーヌは割と等身大で演じやすい役柄だったこともあり、
それを見事に演じられてました


スポンサーリンク










まあやちゃんのトップ娘役就任後を振り返ると、
本当に大人っぽい役が多いです
そのために演技力、表現力も必要となってきますが、
まあやちゃんは、それを1つずつ見事に克服してました
演技の幅を広げるという意味では、
大事で大切な学びだったわけですね


そのお芝居力をつけたところで、
満を持してのクリスティーヌ!
演技力を磨いてきた実力と、
元々持ち合わせている歌唱力という才能


ドンピシャ!、という言葉、
ま・さ・に、まあやクリスティーヌのためにある言葉でしょう


観客に一切ストレスを与えない、
真の天使の歌声


これです!これ!!


こういうクリスティーヌを、
ずーーーーっとファンは待ち望んでいたのです!





だいもんさんの低音の美声と、
まあやちゃんの美しいソプラノの
見事なハーモニー…


だいもんさんが歌うだけで、
まあやちゃんが歌うだけで、
そして、
2人が歌うだけで、涙が溢れてくるのです


琴線に触れるとはこういうことなんだと感動します…





ストーリーそのものには、
共感できなかったり、
のめり込んだりする要素が薄めだったりなので、
結構微妙な感じが毎回するのですが、
今回は、あの素晴らしい楽曲で、
すべてが浄化されるという…


ミュージカルの醍醐味をしっかりと味わうことができました


むしろストーリーはオマケなくらい(笑)←オマケで正解!w
ブロードウェイミュージカルの『オペラ座の怪人』も、
なかなかイッチャってるストーリーですし…
あちらよりは、
宝塚歌劇に相応しいストーリーではあるのですけど、
それでも、よく考えるととんでもない話なんですよね…(^_^;)
深く考えては負け!w





話は戻って、
海外ミュージカルを上演するのであれば、
歌唱力は絶対です!
特に、
主人公であるトップスターには必要不可欠でしょう


そして、海外ミュージカルの場合、
相手役であるトップ娘役も、
歌える娘役であることが大事!
歌うまクラスではなくても、
最低限、普通に上手なくらいではあって欲しいのです


音程が怪しく、フラフラされる歌唱力では、
せっかくの美しい音楽が台無しになってしまうからです


それが奇跡的に、
真の歌唱力トップコンビが『ファントム』を演じたのですから、
この雪組版『ファントム』を観劇出来た方は、
間違いなく、
宝塚歌劇団の名演という時代の目撃者になれたわけです!


大袈裟ではなく、
確実に、語り継がれる名演だったと思います






まあやちゃんのクリスティーヌの素晴らしさは、
本当に「天使の歌声」に偽りがないということ!


前回、前々回の上演時においては、
「天使の歌声」に程遠いどころか、
普通の歌唱力ですらなかったので、
看板に偽りあり状態でしたから…
「天使?誰のこと??」状態でしたもんね…(^_^;)


宝塚歌劇団ではありがちな、超あるあるですけど、
そういうのが通用する時代ではなくなってきたのではないかな、
と思ってます


歌えないトップコンビであれば、
なにも海外ミュージカルをする必要はないですよね
もっと似合う演目があるでしょうし、
それをプロデュースするのが、
劇団の仕事ですし、役割でしょう!


とはいえ、
忖度とか、裏事情がうごめくのは、
今後も変わらないと感じます
劇団はあくまでも企業ですから、そこは仕方がないでしょう



だからこそ、
歴史的に貴重な歌唱力コンビが、
『ファントム』を演じられたということを、
素直に喜びたいです






そんなまあやちゃんですけど、
登場からの可憐な田舎娘であるクリスティーヌが歌う、
「Melodie De Paris」(パリのメロディー)の、
軽やかで楽し気に歌う様の愛らしいことったらないです!
しかも、歌声も美しい…
そりゃね、シャンドン伯爵も心奪われるって!


そして、待望のだいもんエリックとの、
初めてのデュエットに、観客は酔いしれるのです…
心に染みる「Home」は素晴らしすぎて、ずっと聴いていたいくらい…
だいきほ、最高!


「My True Love」(私の真の愛)も、
あの美しい歌声でクリスティーヌに愛を囁かれたら、
そりゃエリックも仮面外しますって!


…で、自分の想像以上の醜さだったのに、
驚いて逃げ出してしまうクリスティーヌ…


あの透明感のある美しい歌声だからこそ、
クリスティーヌの心も天使のように美しいんだ、
と思わせることに成功するんですね


だから、エリック同様に、観客もショックを受けるのです


クリスティーヌって天使のような人じゃないの?
というのが崩され、
人間性を見せられたような気がしての衝撃…
エリックの絶望が、
ずっしりと観客に伝わらないといけない大事な場面です


このギャップを出すには、
真の歌唱力を待った娘役ではないと、
ここまでの観客に伝わる演出は難しいのです


スポンサーリンク





実際には、クリスティーヌは、
見たこともない症状の顔だっため、
ただ驚いてしまっただけ
だからこそ、すぐに自分の犯した間違いに気づくのですが…


最後に愛しそうに、
エリックを抱きかかえ、
醜い部分に口づけるクリスティーヌが切ない…
エリックは幸せを感じて天に召されます


クリスティーヌがあの時逃げなかったら、
2人はどうなっていたのかな、と観客は思うわけです


それでも人を殺めてしまっているので、
エリックはダメなんですけどね…
そこが「オペラ座の怪人」の残念な部分です…





そういう悲劇性の強い物語の中で、
清らかで可憐で美しい存在であり続ける、
クリスティーヌを、まあやちゃんはよく演じていたと思ってます


もう二度とあの舞台は、生で観れないんですよね
それがものすごく悲しい…


まあやちゃんは、
だいもんさんと最高の相性であることを、
さらに強く印象づけた『ファントム』だと思います!


次回はハッピーコメディなミュージカルですね♪
まあやちゃんの新しいチャレンジを、
今から楽しみで仕方がありません!(*´艸`)




★ただいま雪組『ファントム』観劇評価アンケートを実施中★
アンケート「雪組『ファントム』観劇評価を教えてください」

ポチっと押すだけですので、
ぜひぜひ皆さまの観劇評価をお聞かせください!


スポンサーリンク




【お知らせ&更新情報】

●2019年2月8日に記事更新しました
第16回アンケート結果発表!「宙組『白鷺の城』『異人たちのルネサンス』観劇評価を教えてください」

●1月29日~2月5日に実施してました、
第4回アンケート「95期・神7について」の、
結果発表です!
第4回アンケート結果発表!お題は「95期・神7について」

●結果発表やコメント返しなどの、
(アンケとか萌えとか過去倉庫とかの)
向こうの更新情報は、
Twitterでお知らせしています!
よろしければ、
フォロー願います+゚。*(*´∀`*)*。゚+

アカウント「@takarazukalife4






【関連記事】
・雪組『ファントム』…望海風斗で歌唱力の大切さを痛感し初めてファントムで泣いた
・だいきほを見ていると礼真琴には真の歌姫な相手役を望んでしまう、というお話
・雪組『20世紀号に乗って』先行画像…望海風斗の真ん中感に期待MAX!
・トップコンビのどちらかは歌上手である方がいい気がする…歌うまは正義説

お世話になっております↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓チケット入手に困った時のお助けサイトです



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。