So-net無料ブログ作成

雪組『ファントム』その他の感想…2月10日は風斗の日&朝美絢はリンカーンの肖像似 [雪組]







昨日、大感動のうちに千秋楽を迎えた、
雪組さんの『ファントム』


ストーリー的には凡作(迷作でもあり珍作でもあり)であるのですが、
楽曲が素晴らしく、
その楽曲を活かせるトップコンビで、
稀に見る名演となった、記憶に残る舞台だったと思います


その興奮冷めやらぬ中、
カーテンコールでは名言(迷言)も出てました!


たわしくん(陽向春輝さん)
しまもんちゃん(優美せりなさん)
ご卒業おめでとうございます!
素敵な第二の人生を歩まれてください♪


そのたわしくんですが、
3度目だかののカーテンコールで、
最後の一言をとだいもん(望海風斗さん)に振られると、
「2月10日は風斗の日!」とおっしゃってました!
210でフウトなんですね!
すごーい!
振られたらそう言おうと思って準備されていたのかな?
めちゃくちゃ微笑ましいですけど♪(*´艸`)


そして、
その風斗様は、あーさちゃん(朝美絢さん)のことを、
頭がもじゃもじゃの人って言ってましたねw
もじゃもじゃって…( *´艸)( 艸`*)ププッ
最高!!


スポンサーリンク










さらに、
1番最後には、
「ファントム、閉幕ありがとう」の掛け声を全員ですることに!


だいもんさんが「ファントム」といって、「閉幕」が私たち観客、「ありがとー!」は全員で!
なんとですね、私の映画館では小声ですけど、
私の周りではみんなやってました!(笑)
もちろん、私も参加!!(*´艸`)
ぼっちだったけど参加w


めちゃくちゃ感動した後に、
心が温まるほっこりしたカーテンコールでした!


雪組組長さんとしては最後の進行を務めた、ミトさん(梨花ますみさん)
ご挨拶がありつつも、
だいもんさんがすかさず、
「『壬生義士伝』もよろしくお願いいたします!」とおっしゃったのが、
とてもよかったです♪素敵!






ということで、
大感動に包まれた雪組さんの『ファントム』ですけど、
だいもんさん、
まあやちゃん(真彩希帆さん)以外の感想です


ざっくりとですけど、
主要キャストの感想を語っていきます





まずは、
2番手咲ちゃん(彩風咲奈さん)が演じたキャリエール


今回、だいきほが演じるということで、
『ファントム』の出来には凄まじい期待が集まっていました
そういう状況ですから、
重要な役であるキャリエールへも、期待が大きかったと思います


あるいは、不安を感じていた方もいらしたかも…


というのも、
キャリエールの出来によっては、
最高傑作の出来から、
ちょっと評価が落ちてしまう可能性もあったわけです


そのためには、
咲ちゃんが殻を破って、
素晴らしいキャリエールを演じれるのかどうかに、
掛かっていたのではないでしょうか


その期待に見事に答えてくれた、咲ちゃん!


非常に愛情深く、
自分のやってしまったことへの罪悪感が、
上手に表現されてました


歌も心配されてましたけど、
これも問題なくよかったと感じます
本人比以上に、良くなっていたと思いました


だいさきの「You Are My Own」(お前は私のもの)は、
涙が止まらなかったです!!


なによりも、
ダンディなおじ様風なキャリエールの素敵なこと!
さらに、
だいもんさんが咲ちゃんよりも身長が低いため、
自ずと親子の関係が、視覚からもわかりやすかったのも、
功を成したと思います


少しクセのあるセリフ回しは、
気になるところではありますが、
父親や年上の威厳が感じられたので、
そこまで気にせず見れました


ただ、こういう演じ方はクセになりがちなので、
次回以降は役に応じて変えていって欲しいかな、
とは思います


歌も上記でも言いましたが、
確実に成長されているので、
このままもっと良くなっていくように見守りたいですね







フィリップ・ドゥ・シャンドン伯爵と、
アラン・ショレを演じた、
翔くん(彩凪翔さん)と、
あーさちゃん


シャンドン伯爵は、
翔くんもあーさちゃんも、どちらも魅力的でした
キラキラな王子様的役割のシャンドンを、
2人もこれ以上ないくらいにキラッキラ!


どちらのシャンドンでも甲乙つけがたい演技力でした


ただ、1つだけ言うとすれば、
歌の部分だけは、あーさちゃんに軍配かな
あーさちゃんは、着実に歌唱力アップしているので、
そこは頼もしいです


ただ、
だいきほが圧倒的に次元の違うレベルの歌唱力なので、
あーさちゃんが上手くなったといっても、
歌うまなレベル、というお話ではないです
上手になったなぁ、という感じ


あーさちゃんはもう少し上手になりそうなので、
もっともっと頑張って欲しいです♪


また歌唱力では分が悪い翔くんは、
その分、キラキラの上に色気もある、
シャンドンに仕上げていたので、
トータルではどちらもよかったのではないでしょうか?


私的な個人的趣味は、95期ラブなので(笑)、
あーさちゃんを贔屓してしまいますけど、
冷静な見方をすると、
本当に2人のシャンドンは素敵すぎました!





アラン・ショレにおいては、
かなり好みが分かれるのではないでしょうか


完全に尻に敷かれているのが、
母性本能をくすぐる翔アラン


煙に巻く感じで飄々としたオジサマなあーさアラン


どちらも、ヒメさん(舞咲りんさん)演じるカルロッタと、
相性はよかったと思います


私は翔くんのアランの方が好きだったかな


あーさちゃんのアランは、なかなかクセが強かったので…(^_^;)
その分、印象に残りやすいとは思います




あと、完全に私の思い込みの話ですけど…
あーさアランの見た目の話です


あーさちゃんのアランって、
誰かに似ているなぁと、観劇中に気になって気になって…
そうしたら、急に、
「あ!リンカーンだ!!(アメリカの大統領の)」って思ったんですよ(^_^;)
気がついたら、
リンカーンにしか見えなくなっていて、
おかしくておかしくて、堪りませんでした(^_^;)


リンカーンがオロオロしてるとか、
リンカーンが小芝居しているとか…
私的に別な意味でツボにハマってしまって
可笑しくて仕方がありませんでした!(*´艸`)


いつかあーさちゃん、リンカーン役やらないかな?(笑)






カルロッタ役のヒメさん

意地悪で、傲慢で、我儘なカルロッタですけど、
ヒメさんの持ち味であるコミカルさが出ていたせいか、
ちょっとオドボケ度もあり、
とても魅力的なカルロッタになっていたと思います


歌も酷いとエリックには言われる役ですけど、
ソロはしっかりと聴かせてくれましたし…
あたりまえですけどね…


コミカルさ故に、真のクズ人間だと知ると、
途端にドン引きしてしまうほどの落差が滑稽で、
それが面白かったですね


今回のカルロッタは、
ヒメさんにしか出せない味のあるカルロッタで、
天使なまあやクリスティーヌとの対比もお見事でした!






ベラドーヴァ役のひらめちゃん(朝月希和さん)

見た目は超天使なひらめちゃんのベラドーヴァ
とにかくキュートで可愛らしく、清楚さが出ていて、
素敵でした
キャリエールが惚れるよね…的な…


セリフはなく、
すべてダンスとパントマイムで表現してましたが、
その難しい役どころを、上手に演じられていたと思います


ただですね…
歌唱力が伴っていないので、
全然天使の歌声じゃないのが残念でした…


エリックもキャリエールも、
ベラドーヴァとクリスティーヌは、
天使の歌声だと評するのですが、
「どこが?」という疑問が出てしまうのです


ひらめちゃん自身は、
歌うまレベルではなくても、
普通に歌は上手い方ではあるのですが、
役として周りが持ち上げるような役だと、
ちょっと不憫かな…


無理して出ない高音ではなく、
低音で終わらせるような形でもいいんじゃないのかな
って思うんですよね
夢から醒めてしまいますし…


演技としての表現力が素晴らしかっただけに、もったいなかったです


もしくは、
歌うまな娘役さんにやらせてもよかった気がします






若きキャリエール役のひとこちゃん(永久輝せあさん)

カッコよくなってますよね~
スポット的な役柄ですけど、
印象を強く持たせる表現ができていたと感じます
色気がありますよね


でも、ひとこちゃんの場合、
団員で真ん中で踊ってた時の方が、
よりカッコよかったですけど


『ファントム』は主要キャスト以外が、
割りを食う演目なので、
ちょっと寂しかったかな、と感じます


もう少し出番が欲しかったです


スポンサーリンク





あやなちゃん(綾凰華さん)
ちさとくん(縣千さん)
あみくん(彩海せらさん)


新人公演主要キャストトリオですけど、
あみくんは頑張ってましたね
幼いエリックを思いっきり演じていたと思います


あやなちゃんはダンサーなので、
団員として華やかでした
やっぱり目を惹きます


ちさとくんも従者なので、
目立った役ではありませんけど、
従者としてのいたずらや、
ダンスは見事!


こういう地味な役も乗り越えて、
さらに大きく羽ばたいて欲しいです!


あやなちゃんに関しては、
星組っ子なので、贔屓目になるのはお許しを!(笑)





だいきほが飛び抜けて歌唱力が抜群なので、
全体的にどうなのかな、と心配もありましたけど、
メインのトップコンビが歌えるということは、
大きな破綻がないんですよね…


それを痛感いたしました!


また、主要なキャストである、
咲ちゃん、ヒメさん、翔くん、あーさちゃんが、
魅力的に演じていたからこそ、
舞台が安定していたんだと感じます




あと言えることは、
結局は、
海外ミュージカルには、
歌唱力がすべてってことですね


何度も何度も言ってますけど(笑)


ということで、
今回の『ファントム』は、
『歌うまは正義』を体感した舞台でした


次に、
歌でこんな体験をさせてくれる演目って、
なんなんでしょうね?
私的には、すでに心は、
だいきほ『20世紀号に乗って』に向かってます!
その後、我が大贔屓のことちゃん(礼真琴さん)が主演の、
『アルジェの男』ですかね(*´艸`)


みりゆきの『CASANOVA』も期待しています!
ゆきちゃん(仙名彩世さん)最後ですから…



★ただいま雪組『ファントム』の観劇評価アンケートを実施しています!★
アンケート「雪組『ファントム』観劇評価を教えてください」

ポチっと押すだけですので、
ぜひぜひ皆さまの観劇評価をお聞かせください!


スポンサーリンク




【お知らせ&更新情報】

●2019年2月8日に記事更新しました
第16回アンケート結果発表!「宙組『白鷺の城』『異人たちのルネサンス』観劇評価を教えてください」

●1月29日~2月5日に実施してました、
第4回アンケート「95期・神7について」の、
結果発表です!
第4回アンケート結果発表!お題は「95期・神7について」

●結果発表やコメント返しなどの、
(アンケとか萌えとか過去倉庫とかの)
向こうの更新情報は、
Twitterでお知らせしています!
よろしければ、
フォロー願います+゚。*(*´∀`*)*。゚+

アカウント「@takarazukalife4






【関連記事】
・雪組『ファントム』…望海風斗で歌唱力の大切さを痛感し初めてファントムで泣いた
・真彩希帆の真の実力を堪能した『ファントム』…さすがは現宝塚の最高の歌姫!
・だいきほを見ていると礼真琴には真の歌姫な相手役を望んでしまう、というお話
・トップコンビのどちらかは歌上手である方がいい気がする…歌うまは正義説

お世話になっております↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓チケット入手に困った時のお助けサイトです



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。