So-net無料ブログ作成

珠城りょうの真価が問われる『I AM FROM AUSTRIA』は月組新体制の第1作目 [月組]







先日、公式HPにて、
いろいろ発表がありまして、
サラっと済ませてしまったので、
今更感はありますけど、
本日は、前回言い足りなかったことを、
語りたいと思います!


だいきほの『壬生義士伝』は、
製作発表の映像をきちんと見てから、
語りたいです!
かなり期待値が上がっていたりするんですけど…
どうなのかな?(*´艸`)




今回の話は、
月組さんの次回本公演
『I AM FROM AUSTRIA-故郷は甘き調べ-』です


前回触れようと思ったんですけど、
れいこさん(月城かなとさん)でいっぱいいっぱいで…(^_^;)

月城かなとは『チェ・ゲバラ』組!二番手になれる?『ON THE TOWN』振り分け



『I AM FROM AUSTRIA』を語ろうとしたら、
とんでもなく長くなりそうだったので、
一旦断念しました!


『I AM FROM AUSTRIA』の話というより、
たまきちくんについてですね


スポンサーリンク










『I AM FROM AUSTRIA』の主な配役発表で、
すでに得意のわらわら感がいっぱいでした
ポスターはどんな感じになるんでしょうか?


『I AM FROM AUSTRIA』には、
ちなつくん(鳳月杏さん)が組替えとなり、
本公演では1作目になります


夏の別箱を経て、
いよいよ新生月組が始動するわけですね


新生月組って言うのもおかしいですけど、
やはり、現在の月組までは、
ちゃぴちゃん(愛希れいかさん)がいて、
るりかさん(美弥るりかさん)がいてこその月組でした


ちゃぴちゃんが去った後、
一人光り輝くのは、やはりるりかさん!


思い返せば、『グランドホテル』も、
主演・美弥るりかの状況でしたし…


最後の階段降りだけが違うだけで、
明らかに組を引っ張っている真ん中のスターそのものです


宝塚初心者は勘違いしていたんじゃないでしょうか


…ということが言えてしまうほど、
月組への貢献はハンパなかったと感じます


この間映画館で観たサヨナラショーも、
中身がたっぷりで、
まるでトップスターの退団のようでしたっけ…





たまきちくん(珠城りょうさん)にとっては、
言葉は悪いでしょうけど、
目の上のたんこぶの2人が去り、
ようやく自分自身の本領発揮となる時が来た、という感じなのかな



ちゃぴちゃんと、
るりかさんですと、
自身が放つスター性のオーラが格段に違ったので、
たまきちくんは、どうしても霞んでしまいがちでした


それを芸事で跳ね除けれる力があれば、
全く遜色はなかったのですけど、
現時点では、払拭できる芸の力はありません


ただ、たまきちくんは学年が若いので、
まだまだ伸びしろがある、ということだけは救いでしょう





たぶん、歌唱力は、
残念ながらあれ以上の伸びは見込めません
ダンスも元々の素養がイマイチなので、
上達は無理でしょう
ですが、ダンスに関しては、
美しく魅せるように演出してあげれば、大丈夫でしょう
残るのは、演技力!
これは回数を重ねれば、ある程度深みを増していけるので、
ここで挽回したいところですね


あとは、
以前から何回も言ってますけど、
たまきちくんの良さって、包容力の部分だと思うのです


元々役幅がないので、
変に悪いっぽい役をやってもマイナスなだけ!
『雨に唄えば』では、ガッカリした記憶がありましたし…
しかも、2番手切りの現実がある限り、
悪い役は悪影響が大きすぎます
これは危険!

月組『雨に唄えば』…珠城りょうの良さが激減だった&美弥るりかは上手い



たまきちくんに求めているのは、優しさや包容力しかありません
ここを前面押しで乗り切って行くしかないでしょう


そうなると、役幅が狭い上に、
役も限定されるので、飽きが来そうですけど、
みりおくん(明日海りおさん)のように、
周りの環境だけを替えて、乗り切っていく感じになるのかな


そこまで長期のトップの器じゃないですけど、
気づけばずっとそこにいる、という感じで、
何年もトップスターを続けている気がしています
みりおくんも超えちゃったりして…(^_^;)




以前も言ってますけど、
たまきちくんは、
作品ブーストは凄まじいですし、
周りもチヤホヤ状態なので、
かなり恵まれたトップスターです


歴代をふりかえっても、
人気も実力も全くない状態で、
トップスターになってしまったという例はありません


皆さん、超人気スターだったり、
飛び抜けた芸があったり、
どちらかはありました
両方ない方は今までいませんでした


月組の闇ではありますが、
ある意味、月組の挑戦であるのかもしれません


学年でいっても、
今までが2番手時代の学年ですから、
これからがようやくトップスターとしての任期のスタート
…と、ご本人も劇団も考えているのかもしれません


スポンサーリンク





幸い、
さくらちゃん(美園さくらさん)は、
ダンス、歌ともに実力のある娘役さんですから、
内助の功を得ながら、
たまきちくんらしさを出しつつ、
月組を盛り上げて欲しいですね


三拍子揃った実力者のちなつくん
美貌と芝居力のあるれいこさん
ダンスと歌唱力のありちゃん(暁千星さん)
圧倒的な芝居力と歌唱力のゆのくん(風間柚乃さん)


すごいメンバーの実力に埋もれないように、
たまきちくんらしさを発揮し対抗できるのは、包容力です
あと、がっちりしたガタイの良さかな


そこを上手く生かしていって欲しいです


たまきちくん自身を応援しているのですが、
成長が見れない
というモヤモヤを早く払拭して欲しいです
『All for One』が1番良かった、
というのでは正直物足りません…(´・ω・`)


スポンサーリンク





【関連記事】
・『エリザベート』のトートは死神であることが大事…赤い血ではダメ!
・月組『I AM FROM AUSTRIA』…なるほど!それで珠城りょうにミュージカル連発だったのか
・月組『All for One』観劇…これが真の珠城りょうお披露目公演だ!
・月組『カンパニー』感想…珠城りょう率いる今の月組だから成功した演目

【お知らせ&更新情報】

●2019年3月23日に記事更新しました
「2018年 宝塚歌劇 観劇の満足度」アンケート結果の数字から見る比較分析

●1月29日~2月5日に実施してました、
第4回アンケート「95期・神7について」の、
結果発表です!
第4回アンケート結果発表!お題は「95期・神7について」

●結果発表やコメント返しなどの、
(アンケとか萌えとか過去倉庫とかの)
向こうの更新情報は、
Twitterでお知らせしています!
よろしければ、
フォロー願います+゚。*(*´∀`*)*。゚+

アカウント「@takarazukalife4






お世話になっております↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓チケット入手に困った時のお助けサイトです



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。