So-net無料ブログ作成

花組『花より男子』柚香光主演はこうあるべきという見本のような作品 [花組]







本日、
カレーくん(柚香光さん)主演の、
花組『花より男子』を観劇してきました!(*´ω`*)


もう、
すっごくすっごく、すっごーーーーく、
よかったです♪(*゚Д゚*)


原作の神尾葉子先生の作品そのものが、
とても完成された作品なので、
そもそもが良作品です


あとは、
それをどう宝塚歌劇に落とし込み、
観客に違和感なく楽しませるか、
ということのみでした…


演目発表→ポスター→制作発表と、
そのワクワクは止まりませんでしたし、
実際観劇すると、
その期待を裏切ることはありませんでした!

やっぱり柚香光は強い!花組『花より男子』の制作発表会


楽しかったーー!(*´艸`)


そして、
泣けました…(^_^;)テヘ


やはり、カレーくんは、
以前の別箱『はいからさんが通る』と言い、
本当に漫画原作、
それも少女マンガ原作が良く似合います♪


ビジュアルがいいって、大事!


スポンサーリンク










…と、実力派を超贔屓する、
私らしからぬ感想ですけど(笑)、
宝塚歌劇団は5組存在するのですから、
夢を見させてくれるという、
そういう系も必要です!


夢の世界へ引き込んでくれるというのが、
とても大事で、
その役割を担う組が必要なわけです♪


細かくはいろいろありますけど(←)、
それはキャスト別の感想で…


とにかく、
神尾葉子先生が大絶賛されているのも、
よくわかりました
決して、リップサービスではなかったです

柚香光主演『花より男子』に原作の神尾葉子先生がご観劇!&香港のお友達の話





実は、本日の観劇は、
たまたまなんですけど、
昨日オフ会をした、
心は青空♪の管理人・happpy様もご観劇だったのです!


本当にたまたま一緒だったんですよね~
なんか運命感じちゃいます♪


座席は全然違いましたけど(^_^;)


happyさんと会えたらいいなぁ、
と思ったらプログラムを買うところを発見! |д゚)チラッ
帰りもご挨拶出来てよかったです





そうそう!
野口幸作先生を入口付近でお見掛けしました
開場時と、休憩時です


happyさんが野口先生を目にされて、
気がつきました…
なんか目が合ってしまったので、
無意識に会釈してしまった(笑)


きっとそういう人いますよね…(^_^;)





さて、作品の感想をざっくりと…


ほぼ原作どおりではありますが、
役作りや場面は、
漫画よりもドラマを元にされていた印象です


会場もTBS赤坂ACTシアターですし、
その辺りも配慮されたのかな、と感じました


続編まで作られたくらい
大ヒットしたドラマですから、
役のイメージがすでに出来上がっている
という点があるのでしょう


特に、
道明寺司、牧野つくし、花沢類、
牧野家の父母弟は、
ドラマの配役に添っていたと感じます


そこに宝塚歌劇らしさを落とし込んでました





ストーリーについては、
物語のダイジェスト版という感じでしょうか


そのため、
『花より男子』を全く初めて触れた方は、
スピーディーな展開に面食らったかもしれません


それは、
道明寺とつくしが、
どうしてお互いに惹かれ合っていったのか、
という過程がすっぽ抜けているからです


すでに原作を知っている方であれば、
そこは脳内で補完できるのですが、
そうでない方には、
薄っぺらさを感じたかもしれないです


気になった方は、神尾葉子先生の原作をぜひ!


…というのではなく、
もう少し2人の心情を丁寧に描いてくれればなぁ、
と感じました


ドラマでも全11話あるわけで、
10時間以上のものを2時間ちょっとに収めるわけですから、
そこは仕方がない気もしますけど、
同時に勿体なさも感じました





セットも良く作り上げていて、
場面に上手に落とし込んでいたと思います


ただ1点、
エレベーターに閉じ込められる場面が、
観覧車になったこと


あれは違和感かなぁ…


観覧車が一晩中止まって、
騒がれもせず、無事救出されて、
あっさりと終わるというところが、
ちょっと腑に落ちず…
原作どおりにエレベーターでよかったんですけど…


エレベーターのやりようは、
いくらでもあったように思いますし


しかも、ドラマもエレベーターだったはず


元々非現実的な漫画ではありますし、
ドラマも非現実的でしたけど、
そこだけは「あれれ?」と感じました


その後、
2人が盛り上がっていく大事な場面だっただけに、
ちょっと残念なアレンジだったかなぁ…





よかったところは、
道明寺がつくしに告白する場面…
第1幕のラストですね…


もうキュンキュンしまくる夢のような場面


少女マンガの世界が、
見事に表現されていたと思います!


道明寺がツンツンしつつも、
つくしにメロメロなところが本当に可愛かった…


神尾先生が、
道明寺が可愛いというわけですよ


カレー道明寺最高!


スポンサーリンク





全体としての印象はこんな感じです


とにかく、
この作品1番の良さは、
カレーくんに道明寺司を当てたこと!
これに尽きます…


粗野で乱暴で、子供っぽいんですけど、
見た目がパーフェクトというのが大事


カレーくんの良さを、
目一杯引き出されていたと思います


しかも、
カレーくんは、
『はいからさんが通る』の伊集院少尉のような、
超正統派な男性から、
道明寺のような、
個性的なイケメンにもなりきれるという強みを、
この2作品から感じ取ることが出来ました

柚香光主演・花組『はいからさんが通る』観劇…序盤は不安だったけどすごく面白かった!


芸の技術的な面については、
言いたいことはいっぱいありますけど(笑)、
宝塚歌劇の入口としては、
十分に役目を果たせるのではないのかな、
と感じたわけです


ビジュアルの良さを、
作品に、最大限に落とし込むことが出来、
魅力を最大限に引き出すことが出来れば、
なんとか乗り切っていけると思います


あとはね、発表を待つばかり♪
ことカレーはセットなので、
楽しみにしておきます!←あ、余談ね余談!w




とにかく、
女性に愛されている『花より男子』を、
宝塚歌劇としての答えをきちんと出せたことに、
拍手を送りたいです!


出来れば、もう1回観劇したかったです
チケットも取れませんでしたけど、
何より私が超多忙なのです…(^_^;)


★ただいま月組『夢現無双』『クルンテープ』の観劇評価アンケートを実施しています!★
アンケート「月組『夢現無双』観劇評価を教えてください」
6月19日まで実施中ですので、まだの方はぜひ!

スポンサーリンク




【関連記事】
・柚香光には絶対歌の支えが必要だと思った『タカラヅカスペシャル2018』
・花組の次期体制…柚香光&水美舞斗の同期コンビはあり得るのか?【95期・神7 考察】=2019年5月3日付=
・戦略の集大成!明日海りおの長期在任…明日海りおファンを羨ましく思うこと
・柚香光・花組全国ツアー『メランコリック・ジゴロ』カレーマイティー最高!!

【お知らせ&更新情報】

●2019年3月23日に記事更新しました
「2018年 宝塚歌劇 観劇の満足度」アンケート結果の数字から見る比較分析

●1月29日~2月5日に実施してました、
第4回アンケート「95期・神7について」の、
結果発表です!
第4回アンケート結果発表!お題は「95期・神7について」

●結果発表やコメント返しなどの、
(アンケとか萌えとか過去倉庫とかの)
向こうの更新情報は、
Twitterでお知らせしています!
よろしければ、
フォロー願います+゚。*(*´∀`*)*。゚+

アカウント「@takarazukalife4


お世話になっております↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓チケット入手に困った時のお助けサイトです



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。