So-net無料ブログ作成

『花より男子』城妃美伶…ことカレーのヒロインの安定感&聖乃あすかの華とスター性 [花組]

1日空いてしまいましたが、
花組『花より男子』の感想の続きです…


風邪をひいてしまって、ちょっぴり体調不良です
皆様も気温差や冷房にはご注意ください
忙しくて体が弱っていると、
うっかり体調を崩しがちになります…orz
夏風邪って治りが悪いので、困っちゃいますし…(´・ω・`)


寝込んでいるというのではなく、
普通に生活はしていますので、ご心配はなさらないでください!
今日は気分もいいです(^_^;)


…と、私のことなんて、
どーでもいいですよねw
本当にどーでもいいよ…




さて、本題ですけど、
本日は『花より男子』の、
主要キャラであるヒロイン牧野つくしと、
ライバル花沢類についての感想を語ります

前回はカレーくんと全体の感想
花組『花より男子』柚香光主演はこうあるべきという見本のような作品


何事もなければ、
明日はその他のキャストについて語る予定です…たぶんw


スポンサーリンク









まずは、
ヒロイン牧野つくし役のしろきみちゃん(城妃美伶さん)


非常によかったと思います
違和感もありませんでしたし、
今の花組でつくし役が出来るのは、
しろきみちゃんしかいなそうですし…


当初は、
華ちゃん(華優希さん)の方が似合うかなぁ、
と思ってましたけど、
ちょっと華ちゃんのカラーではないです


私は『はいからさんが通る』の紅緒役の華ちゃんの評価が、
めちゃくちゃ低いので、
こういうはっちゃけたヒロイン役には、
もったいない気がします

花組『はいからさんが通る』その他の感想…大和和紀先生もご観劇だったとか!


ビジュアルの美しいヒロインの方が、
絶対イケてるのは、『ポーの一族』で実証済みです
とはいえ、最近の華ちゃんの演技力は、
だんだん良くなっているので、意外とこなせるかもしれませんが…



とはいえ、
しろきみちゃんで正解だったのは、
なによりも歌が上手いこと!
これに尽きます!


今回の『花より男子』の主要メンバーは、
残念なことに歌唱力がありません
酷いほどではありませんけど、
上手くはないです


そこに、
ヒロインまでも歌下手を起用したら、
もう「歌はナシ」の方向ではないと、
非常に厳しい感じになるところを、
しろきみちゃんのおかげで、
宝塚歌劇団が劇団であることを、
ギリギリ留めさせてました


大事な功労者です!


しろきみちゃんは、
真の歌姫クラスではありませんけど、
宝塚歌劇団の中においては、
十分歌える娘役さんです


歌姫クラスは、
音くりちゃん(音くり寿さん)ですし…
音くりちゃんは別枠で語るので、
ここでは話しませんけど、
それに次いで歌える娘役が、
ヒロインであったことが正解!


この『花より男子』を盛り上げてくれていたのは、
間違いないです





カレーくん(柚香光さん)も、
お芝居ではそこまで下手にならずに済む歌唱力ですけど、
やはり不安定であることは否めず…


F4の4人とも、
歌は不安定なので、
そこにしろきみちゃんが歌えるということが大事なのだなぁ、
とつくづく感じました


しろきみちゃんがつくし役を演じるのは、
当然だったのでしょう





一方で、、どうしても、
ドラマ版の井上真央さんのイメージが強く、
今回のキャラ設定もドラマ版を踏襲しているため、
最初は違和感を感じた方もいると思います
ですが、
しろきみちゃんの熱演により、
気にならなくなっていったのではないでしょうか


しろきみちゃんは、
トップ娘役になることはなかったですけど、
世間一般に知られていて、
熱烈なファンの多い『花より男子』のつくし役を演じられた、
ということが、何よりのご褒美なのではないのかな、
とも感じて、私的には嬉しかったです♪





カーテンコールでも、
カレー道明寺と、しろきみつくしが、
イチャイチャしているのも微笑ましかったです


カレーくんの娘役さんを大事しているというところ、
素敵だなぁ、と感じました
ホッコリします



あと、
本当にどーでもいいことですけど、
95期のツートップであることカレーのヒロインを務めたのって、
しろきみちゃんと、
ひとみちゃん(舞空瞳さん)だけなんですよね~(*´艸`)


ことカレーのいいところを知り尽くしているのが、
しろきみちゃんとひとみちゃんというのが、
なにげに嬉しいのです…(*´ω`*) テヘ


新人公演・バウと、
ヒロインを演じ続けただけの実力を、
いかんなく発揮出来ていて、とても頼もしかったです






続いて、
花沢類役のあすかくん(聖乃あすかさん)


現2番手のカレーくんの主演作で、
堂々とライバル役であり、
2番手になる花沢類を好演してました


見た目の雰囲気が、
キキちゃん(芹香斗亜さん)っぽかったかな


そして、内面は、
ちなつくん(鳳月杏さん)っぽいという…


白くて綺麗なんだけど、
ちょっとアンニュイで、掴みどころがない花沢類は、
非常に難しい役だと思います
上手に演じないと、
ただ気取っているだけになってしまいますし、、
ドラマ版の小栗旬さんをなぞっているだけになってしまうからです


最初はちょっと小栗さんの影響が見えましたけど、
それはドラマ版をベースにしているせいなので、
すぐに払拭出来ました






正直、まだまだ役の大きさに、
あすかくんの実力が追いついてない感は拭えませんでしたが、
見た目の王子様感と、
華とスター性の素晴らしさで、
乗り越えていたと思います


この大きな役と立場で演じたことにより、
あすかくんの成長が加速されることは、
非常に想像つきやすいですし、
将来が楽しみで仕方がありません!


スポンサーリンク





100期生で、
トップが何人なれるのかはわかりませんけど、
少なくてもその逸材である、
という証明はできたと思います


華とスター性のあすかくんと、
実力のゆのくん(風間柚乃さん)で、
100期を引っ張っていくんでしょうね


そういう未来予想図が浮かんでくる、熱演でした


ただ、あすかくんは、
芸事全てにおいて、
特別に秀でているものがないので、
演技か歌を頑張って欲しいところ…
特に、歌はもっともっと頑張って欲しいです


下手ではないので、伸びしろは十分あると思います





圧倒的な華とスター性とカリスマ的魅力を備えた、
カレーくんに対して、
対峙出来るスター性持ち合わせているという点では、
あすかくんは素晴らしいですね


トップスターが安定していると、
組がちゃんと育ちます
今の花組が充実しているのが、
十分に伝わった『花より男子』でした!


男役さんも娘役さんも、最高に充実してます


スポンサーリンク




【関連記事】
・柚香光には絶対歌の支えが必要だと思った『タカラヅカスペシャル2018』
・花組の次期体制…柚香光&水美舞斗の同期コンビはあり得るのか?【95期・神7 考察】=2019年5月3日付=
・戦略の集大成!明日海りおの長期在任…明日海りおファンを羨ましく思うこと
・花組『ポーの一族』新人公演…聖乃あすかがついに主演!ヒロインに城妃美伶

【お知らせ&更新情報】

●2019年3月23日に記事更新しました
「2018年 宝塚歌劇 観劇の満足度」アンケート結果の数字から見る比較分析

●1月29日~2月5日に実施してました、
第4回アンケート「95期・神7について」の、
結果発表です!
第4回アンケート結果発表!お題は「95期・神7について」

●結果発表やコメント返しなどの、
(アンケとか萌えとか過去倉庫とかの)
向こうの更新情報は、
Twitterでお知らせしています!
よろしければ、
フォロー願います+゚。*(*´∀`*)*。゚+

アカウント「@takarazukalife4

お世話になっております↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓チケット入手に困った時のお助けサイトです



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。