So-net無料ブログ作成

水美舞斗の今後を考える…花組でカレーマイティーの同期ワンツーの可能性 [花組]







本日は、
昨日に引き続き、
次期花組さんのことを語りたいと思います


今回のテーマは、
ずばり95期の実力者であり、
人気者でもあるマイティー(水美舞斗さん)についてです


当ブログが絶賛応援中の、
いつもの【95期・神7】です


ちょうど、
この間のオフ会にて、
この話や95期生について盛り上がってので、
今回はマイティーに焦点を当てて、
話をします


カレーくん(柚香光さん)が、
『花より男子』の主演を観劇したこともあり、
現時点での考えをメモしておこうという感じです


あくまでも一個人の戯言なので、
あまり真に受けないでくださいね(^_^;)




この間のオフ会で、
95期を熱心に応援している、
happyさんと私(主に私w)は、
この話で大盛り上がりでした…


特に、マイティーとせおっち(瀬央ゆりあさん)
やっぱり気になりますよね…


スポンサーリンク










マイティーとせおっちは、
立場が非常に似ていますし、
2人とも、いい役割を与えられて、
着実にそれを物にしている感があります


そして、
次期星組のトップスターにことちゃん(礼真琴さん)が決定


続いて、
ほぼ99.9%決まっていると思われる、
カレーくんが次期花組トップスターではないか、という現状


もし実現すれば、
95期で花と星の同時で若いトップスターが誕生するわけです!


こうなると気になるのが、
当然2番手問題!
当ブログでは、かなり前から2番手問題について話してました
主に、我が星組ですけど…(^_^;)

次期星組2番手は誰?ことせお同期ワンツー希望…瀬央ゆりあがトップ候補になるの?

花組の次期体制…柚香光&水美舞斗の同期コンビはあり得るのか?【95期・神7 考察】=2019年5月3日付=





せおっちのことはまた別枠で語りますので、
今回はマイティーに絞って話します


カレーくんの時代が来た時に、
happyさんも私も、
マイティーが2番手になって欲しい
という希望と意向があります


それは、
カレー華というトップコンビでは、
芸の実力として、かなり不安要素が大きいためです
その場合、
歴代のトップコンビから見ても、
実力派の2番手を就任させて、支えるというのがよくあるパターン


それがマイティーの場合も当てはまるのか、ということです


実力としては、
十分支えになるでしょうから、
2番手に就任することには、なんら問題はないでしょう






ですが、
実際にはいくつか問題があると思ってます


2番手にする場合、
次はトップスターが見えてくるわけです


次期トップスターとして、
マイティーを視野に入れているのかどうか、という点。
これが1つ目の問題点


もし、劇団が視野に入れているのであれば、
路線として育成しているはずです
マイティーの場合、
バウ公演での主演は、ショーでした
通常路線としての育成であれば、
ショーではなくお芝居をさせます


ここが欠けているのが気になるところです






続いて、
劇団が果たして、
95期生をそこまで優遇するのかどうか、という点


現状カレーくんは正式に決定していませんが、
万に一つ、カレーくんが、
次期花組トップスターに就任できなかったとしても、
遅れるだけでいずれはなるでしょう
まぁ、ほぼ次期でしょうけど


そうなった場合、
現状明確な番手がついているのは、
れいこさん(月城かなとさん)だけです
ここで言う番手は、
階段降りの順番と、
羽根を背負っていること


ずんちゃん(桜木みなとさん)は、
今回の『オーシャンズ11』で階段降りは実現しているので、
おそらく次回のショーでは3番手の羽根を背負うでしょう


マイティー、あーさちゃん(朝美絢さん)、せおっちは未定…


こう見ると、
95期はスターの宝庫ではありますが、
非常に難しいように思います


まだ93期の2人の就任が控えてますし、
97期、98期も1人ずつは確実でしょう
そして、100期…
ここに食い込めるのかどうか
劇団が視野に入れているのかどうか…


遅咲きでワンチャンあるのかな、という感じなのかな?


でも、冷静に考えても、
95期生だけそんなに優遇されないですよね
89期のるりかさん(美弥るりかさん)でさえ、
去ることになりました
結局は、元々視野に入っていなければ、
トップはあり得ないということなのだと思います


考えられるとすれば、
保険かなぁ…


1番考えられるのは、
上手に番手誤魔化にされながら、
組を盛り上げていく、という感じでしょう






そして、もう1つの懸念
それは同期のワンツーがないこと


これは何度も語ってますし、
上記のリンクしている記事でも話をしています


とにかく同期同士でトップ2番手は、
混ぜるな危険、なんですよね
非常に同期仲が悪くなるという悪循環に陥ります


それを黙らせるほどの強い絆があり、
お互い尊敬していること
特に大事なのは、
トップスターの方が、
実力・人気においてぐうの音も出ないほど強いこと
これが最低条件ではないでしょうか


それでもかなり難しそうではあります


これをカレーマイティーが満たしているかというと、
全く満たしていないでしょう
たとえ現状は絆があっても、
脆くなる可能性はあるわけです


清く正しく美しく、と言いつつも、
周りはライバル同士の世界ですから、
負けたくないという気持ちがあるのは、自然なことでしょう
競争社会ですから、当たり前です


そういう心の平和を保ちつつ、
トップスターやトップコンビを支えるというのは、
よっぽどの人格者ではないと難しいと思うのです


スポンサーリンク





劇団としては、
人気のある95期を、
上手に活かしたいと思っているでしょうから、
形だけの2番手就任はあるかもしれません


ですが、それが正2番手なのか、
仮の2番手なのか…
その正解がわかるのは、時間の経過になるわけです


るりかさんの前例が出ましたので、
今後も2番手切りをするということは、
当然あるでしょうから





そういう悲しい感じではなく、
今やトップだけではなく、
それぞれに個性的なジェンヌさんが登場しているのですから、
盛り上げていく、というのはいいのかもしれません
「推し活」(でしたっけ?)は、
アピールの仕方を間違えて大ブーイングでしたけど、
方向性としては、決して間違えてはいないと思います
ただあまりにもだったという…(^_^;)




ちょっと横道にそれちゃいましたけど、
現時点でのマイティーが正2番手になるには、
3つのハードルがあると結論づけます


①次期トップスターとしての視野に入っているのか
②95期生だけを優遇するのか
③同期ワンツーというタブーを破れるのか



これを乗り越えられれば、
マイティーもトップスターになれる、
という道は開けると思います



本当は、
もう少し話があるのですが、
今回は一旦ここで区切ります


明日、
何事もなければ続きをアップします!

更新しました!
水美舞斗は花組のカレーマイティーじゃなかったらどうなっていたのか…?


スポンサーリンク




【関連記事】
・柚香光・花組全国ツアー『メランコリック・ジゴロ』カレーマイティー最高!!
・水美舞斗と瀬央ゆりあ…2番手問題含めて今後を考えてみる【95期・神7 考察】=2019年6月1日付=
・次期星組2番手は誰?ことせお同期ワンツー希望…瀬央ゆりあがトップ候補になるの?
・やっぱり柚香光は強い!花組『花より男子』の制作発表会

【お知らせ&更新情報】

●2019年3月23日に記事更新しました
「2018年 宝塚歌劇 観劇の満足度」アンケート結果の数字から見る比較分析

●1月29日~2月5日に実施してました、
第4回アンケート「95期・神7について」の、
結果発表です!
第4回アンケート結果発表!お題は「95期・神7について」

●結果発表やコメント返しなどの、
(アンケとか萌えとか過去倉庫とかの)
向こうの更新情報は、
Twitterでお知らせしています!
よろしければ、
フォロー願います+゚。*(*´∀`*)*。゚+

アカウント「@takarazukalife4


お世話になっております↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓チケット入手に困った時のお助けサイトです



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。