So-net無料ブログ作成

新生星組の体制を考える…星の2番手は愛月ひかるだろうけど戦略はどうなる? [星組]







さてさて、
先週大騒ぎとなった大型組替えですけど、
それぞれのヅカファンの中にも、
少しずつ考えが落ち着いた頃ではないでしょうか…


私もひとこちゃん(永久輝せあさん)の花組異動に、
とても嬉しかったです

永久輝せあが花組へ組替え!Yahooニュース写真入り…次期VISAガール?


愛ちゃん(愛月ひかるさん)も、
ここでまさかの星組生に、というのも、
ヅカファンとしては、
温かい目で見ることが出来たのではないでしょうか
私も愛ちゃんはウェルカム♪




新生星組と花組が、
今年の年末近くから始まります


まずは新生星組からスタートします!ヽ(*´∀`)ノ


…なんですけど、
愛ちゃんが出てくるのは、
タカラヅカスペシャルからという…(^_^;)


仕方がないですね


ことちゃん(礼真琴さん)主演の
『ロックオペラ モーツァルト』では、
2番手役であるサリエリは、
かちゃさん(凪七瑠海さん)に決定してましたから…


スポンサーリンク










以前にも何度かお伝えしてますけど、
サリエリ役は、モーツァルトと匹敵というか、
対になる役です


1幕目はモーツァルト主体ですけど、
2幕目にはサリエリの存在感はハンパないという大役


その役を愛ちゃんが獲得出来なかった時点で、
サリエリ以下の役になりますし、
そうなると、かちゃさん>愛ちゃんになってしまいます


かちゃさんの方は上級生ですし、
何より歌唱力があるので、
それでいいんですけど、
愛ちゃんが星組2番手になるとすれば、
それではダメでしょう


印象が悪くなります
本当の意味での仮2番手になってしまいますから!
あからさまになり、
濁してない状態になってしまうからです


『ベルリン、わが愛』『Bouquet de TAKARAZUKA』の時の、
かちゃさんの階段降りは、
3番手かいちゃん(七海ひろきさん)の後でした…
1年半以上前の話ですけど、
やはり記憶にはあることです


そのかちゃさんよりも役が下になるということは、
非常に微妙な2番手の印象づけがされてしまいますから、
『ロックオペラ モーツァルト』には出れなかったのでしょう


そもそも歌唱力難なので、
サリエリは無理でしたけど…

愛月ひかるの星組組替え!課題はいっぱいあるが道は開けたのかも…





当然、
せおっち(瀬央ゆりあさん)主演のバウ、
『龍の宮物語』に出演するのは、
もってのほか!
完全に仮どころか別格の烙印を押されてしまいます


そうなると、
タカラヅカスペシャルしかないですね…(^_^;)





上記の愛ちゃんの記事も言いましたが、
星組の体制としては、
こっとん愛せおあかぴーしんかのん、となるのでしょう


私は同期ワンツーを夢見ていたので、
ことせおにならなかったのは、残念無念ですけど、
仕方がないです…(´・ω・`)


やはり同期ワンツーは厳しいんでしょうね…


まぁせおっちは人気がまだまだなので、
そういう意味では難しかったんでしょうけど…

瀬央ゆりあの爆上げが現実に!次期星組は本当にことせお体制になるのか






そして、
次期星組のトップスター、
ことちゃんから次のバトンを渡されるのは、
一体誰になるんでしょう…?


愛ちゃんが2番手羽根を付けるのは、
ほぼ間違いないと思います


ただ星組でそのままなるにしても、
ことちゃんが通常任期3年で5~6作であれば、
愛ちゃんは研17か…
中卒組なので、
年齢は若いにしても、その頃には結構な年齢に…


非常に難しいですし、厳しいかな
学年がかなり上で就任出来るトップさんは、
何かしら秀でていないと苦戦しますし…


これでことちゃんが1作でも延びれば、
それだけ就任が遠くなります


とりあえず、
候補としてはあげておくけど、様子見という感じでしょうか
どこか他の組で空きが出れば、
そのまま落下傘ということなのかもしれません





ただ、
星組の本命だったしんくん(極美慎さん)が、
ビジュアル以外何もないのが、どうにもならない状況です…
私はしんくん押しているんですけど、
芸事が何一つ抜きん出ていないというのは、
やはり辛い…
これでは、
さゆみさん(紅ゆずるさん)同様になってしまいます


さゆみさんは、唯一無二のコメディエンヌ要素と、
人望とお人柄があるので、
星組ファンとしては温かく見守れるのですが、
他組のファンからはフルボッコですからね…(^_^;)


しんくんに、美しい容姿だけなんですよね…
ただ『アルジェの男』では芝居心が出てきたので、
それを磨いていけたらいいと思います


ぴーすけくん(天華えまさん)もしかり…
伸び悩んだままになってしまいました…
結局、
同期のライバルあやなちゃん(綾凰華さん)がいた時が、
一番輝いていたという…
あやなちゃんが組替えされて、
安心しちゃったのかな……?(・ω・`)


そう思わざるを得ない残念な状況です





現状しっかり頭角を表しているのが、
かのんくん(天飛華音さん)
本当に期待を一身に集めています


とにかく歌えるというのが大きい!
宝塚歌劇団って、
路線で歌える男役さんが少なすぎて…(^_^;)
歌うまの路線というだけで貴重!


瞳ちゃん(舞空瞳さん)と、
同期で入団成績ワンツーですからね!素晴らしい!!




私は入団成績至上主義ではありませんけど、
指標の1つではあると思ってます


少なくても10番以内、
最低でも15番以内であることが、
芸においてはマシなレベルなのだなぁ、
と感じるからです


その一方で、
成績が悪くても、
自身の努力で見違えるほど成長される方も多いです


キキちゃん(芹香斗亜さん)なんて、入団成績ヒドイよねw


それが見違えるような演技力と、
何よりも歌唱力の持ち主に変貌!
ダンスも上手くはないけど、
上手に見せることは出来ます(これ大事!)


こういう事例もあるので、
入団成績が悪くても、
努力が実を結ぶと信じて精進するしかないですね


一向にダメなままもありますけど…(^_^;)


スポンサーリンク





こんなわけで、
星組の路線は貧弱極まりないのです


ことちゃんとせおっちの間もそうですけど、
せおっちから下の下級生も、
かのんくんまでないという…


そういう意味では、
愛ちゃんにしろ、
あかくん(綺城ひか理さん)にしろ、
保険的な意味でもチャンスがあるのかな、とも思います


ことちゃんとかのんくんの間には7期差があるので、
ことちゃんが多少長い任期になっても、
間に最低1人は、入れますもんね


それが誰なのかは未定ですけど、
愛ちゃんが有力候補であり、
あかくんにも成長次第では、チャンスがあるということ


もしくは、他組の誰かかもしれません…





うわっ!
今日、
本当は花組の2番手の話までしたかったんですけど、
我が星組のことなので、
すんごい語っちゃった(笑)


こんなはずでは…という感じですけど、
私の長いのはいつものことですね…(^_^;)


最後に、
『ロックオペラ モーツァルト』に、
歌うまのはるとくん(遥斗勇帆さん)が入らなくて、
ガックリしたことを伝えておきます…


記事追いつかなくて、
こんな時にどさくさに紛れて呟いておきます…(´・ω・`)


スポンサーリンク




【関連記事】
・『ロックオペラモーツァルト』サリエリ凪七瑠海&『龍の宮物語』有沙瞳ヒロイン
・瀬央ゆりあバウ主演・星組『龍の宮物語』…天華えま主演ではなかった
・水美舞斗と瀬央ゆりあ…2番手問題含めて今後を考えてみる【95期・神7 考察】=2019年6月1日付=
・礼真琴主演・星組『アルジェの男』…真ん中が芸達者である安定感と成長に感涙!

【お知らせ&更新情報】

●2019年3月23日に記事更新しました
「2018年 宝塚歌劇 観劇の満足度」アンケート結果の数字から見る比較分析

●1月29日~2月5日に実施してました、
第4回アンケート「95期・神7について」の、
結果発表です!
第4回アンケート結果発表!お題は「95期・神7について」

●結果発表やコメント返しなどの、
(アンケとか萌えとか過去倉庫とかの)
向こうの更新情報は、
Twitterでお知らせしています!
よろしければ、
フォロー願います+゚。*(*´∀`*)*。゚+

アカウント「@takarazukalife4






お世話になっております↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓チケット入手に困った時のお助けサイトです



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。