So-net無料ブログ作成

添い遂げ退団がいいとは限らない…トップコンビのスライド式を考えてみた [人事]







以前、
トップコンビのお披露目本公演の明暗について、
記事にしたことがあります

トップコンビのお披露目本公演の明暗で、その後が決まってしまう説



私の記憶では、
昨年の記事かなと思っていたんですが、
割りと最近です
とは言え、4ヵ月も経っているので、
あまり最近でもないですけど…(^_^;)


そこで、
チラッとトップコンビの添い遂げについて、
持論を語ってますが、
あくまでも、
メインは「トップコンビのお披露目本公演の明暗」なので、
あまり語ってませんでした


いつか別枠で語ろうと思ってましたので、
本日はその話をしたいと思ってます


ズバリ、
トップコンビの退団における添い遂げの是非です


スポンサーリンク










正直、是であるか、非であるかは、
どっちもどっちでしょうけど、
昨今は添い遂げ退団が多いこともあり、
上記の時期に、考えてみました


1番新しいところでは、
みりおくん、ゆきちゃん(仙名彩世さん)、
さゆみさん(紅ゆずるさん)、あーちゃん(綺咲愛里さん)が、
偶然ですが、上記の2パターンですね


そして、
さらに、みりおくん、華ちゃん(華優希さん)もみりゆきパターンです






以前からもちょいちょい語ってますし、
上記の記事でも言ってますけど、
私自身は、全然「添い遂げ派ではない」です


むしろ、
「スライド式いいんじゃね?」の人間です


ただし、
スライド式にするには、
実力のあるトップ娘役さんであれば、
というのが正直なところです


実力があることは非常に大事!


ただこれは、
添い遂げがあったり、
なかったりするような組の場合であって、
花組さんのように、
歴代スライド式をしている組なのであれば、
スライド式を続ける方が好ましいと感じてます


1作2作の短期でしょうけど、
スライド式の方が組は安定する確率が上がるからです





正直、
相性もあるでしょうから、
スライド式が全ていいわけではないですけど、
少なくても、
前任者と組んで苦労している分、
トップスターにせよ、
トップ娘役にせよ、
成長をしているわけです


その成長した状態で、
次の相手役を迎えるということは、
舞台に専念しやすいと感じます





ここに例外があるとすれば、
トップコンビを2番手が支えていた場合でしょう


実力で支えていた2番手は、
トップコンビ並みに実力発揮を強いられているはずですし、
実際に舞台で観てもそう感じるわけです


もはやトップスター同様の八面六臂の大活躍ですから


違いは、責任の重さでしょう
これが最大に重たいのでしょうけど…


ゆえに、すでに、
トップコンビ並みの苦労を分かち合ってきているのです


相手役選びを間違えなければ、
ほぼほぼ自身の力で引っ張っていくことが出来ます
その間近の成功例が、だいきほ!


ことちゃん(礼真琴さん)が、
だいきほの成功例の後に続く予定
まだ始まってもいないので、
あくまでも予定です






さて、本題のスライド式ですけど、
現在みりおくんの最後の相手役として務めるのが、
華ちゃんです


みり華が、
みりおくんの最後に相応しいトップコンビであるかどうか、
ということは別にして、
今後の新星花組であるカレー華にとっては、
悪くはないでしょう


華ちゃんは、
歴代でも最高の人気を誇るみりおくんの相手役を務めるわけです


これは何よりも自信に繋がります


娘役としてあるべき姿を学んだ上で、
次のトップスターと組むわけですから、
新たにトップスターになるカレーくん(柚香光さん)にとっては、
非常に頼もしく感じるでしょうし、
安心して舞台を務めあげることが出来ます


2人で同時にトップコンビを就任すると、
まず2人の相性から詰めていかなければなりませんし、
組全体のことも同時に考えないといけません


さらに、
トップスターとしての責任も重くのしかかっていきます


そのうちの1つでも払拭できるのであれば、
少しは楽になるはず


スライド式にはメリットが多いのです






あと、
長期になるトップスターは、
相手役を替えた方がいい、というのはあるかな


真ん中が2人とも変わらないのは、飽きが来ます
2人とも実力者であればいいのですが、
下手な相手役(特にトップ娘役)であれば、もう最悪の事態に…(^_^;)


その点においても、
みりおくんは優秀だったと思います

戦略の集大成!明日海りおの長期在任…明日海りおファンを羨ましく思うこと





スライド式の場合は、
別にずっと組むわけではないので、
1~2作すれば、
別の相手と組めるわけです
それでいいのではないのかな、と思うわけです


100周年以前は普通でしたもんね


下手すりゃ、
トップ娘役の組替えなんかもありましたし…





スライド式にすれば、
トップ娘役さん単体でのサヨナラショーも行われます


たぶんココもネックなんでしょう


かつては、
サヨナラショーはお金がかかるため、
トップスターと同時退団を望む娘役さんが多かったのも事実


同時退団をする組子さんが多いのも、
そういう理由があったりします


現在は、
空前のヅカブームが来ていますし、
ライブ中継でも儲けが出ているはずですから、
トップ娘役さん単体でのサヨナラショーも、
劇団が目一杯バックアップしてあげたらいいわけです


やはりスライド式にはメリットが多い!


スポンサーリンク





デメリットは、
トップコンビが好きで好きでたまらない層の不満でしょう


これはね、もう気の毒としか言えません


トップコンビ萌えをしてしまうと、
一気に熱が冷めてしまう方がいらっしゃるのは、
仕方がないと思います


かつての私のずんはながそうでした…
たかはなは興味ゼロだったもんなぁ(笑)



そして、トップコンビではないですけど、
ことふうは今でも永遠のコンビ♪(*´艸`) ズンハナモエイエンダケド…


風ちゃんが結婚しようが、
ことちゃんが年齢を重ねようが、
ずっとことふうと心の中で叫んでいるでしょう
トップコンビじゃなかったから、
ちょうどいい距離感だったんだと思いますw


話がズレちゃった…(笑)





あともう1つの大きなデメリットは、
次期のトップスターとの兼ね合いもあるということ
相手によっては、
全くチグハグなものを感じるでしょうから…
それも問題でしょう


特に2人目の相手役は、
トップスターが選べますから…
1人目はほぼほぼ劇団主導ですけど、
2人目以降は違います





私はスライド派ですけど、
やはり、
次期との兼ね合いも考えるのであれば、
少なくても実力があるトップ娘役の起用は大事だなぁ、
とは考えます


いくらスライド派でも、
あーちゃんが残留とか言われたら、
眩暈しか起きないですから…(◎-◎;)


やっぱり顔だけじゃダメだよ、
というのが、
今回のテーマのまとめであり、
オチでもあります…


あ!
カ〇〇〇というのもありますよね…
そっち系の圧力がスゴイのも、
否めません…(^_^;)


企業なので、
資金の負担を考えると、
そういうのに目が行くのもわかりますけど、
ほどほどにね…w


スポンサーリンク




関連記事
・海外ミュージカルって結局はトップコンビの歌唱力で決まる説…『ファントム』を名作に引き上げただいきほ
・宝塚歌劇の最大の謎…「美貌の娘役の歌唱力」美しければ美しいほど…(´・_・`)
・路線の娘役はトップスターを支えるためにも歌唱力は必須になりつつある
・トップ娘役は若けりゃいいってもんじゃない…今後は変わることがあるのか?

【お知らせ&更新情報】

●2019年3月23日に記事更新しました
「2018年 宝塚歌劇 観劇の満足度」アンケート結果の数字から見る比較分析

●1月29日~2月5日に実施してました、
第4回アンケート「95期・神7について」の、
結果発表です!
第4回アンケート結果発表!お題は「95期・神7について」

●結果発表やコメント返しなどの、
(アンケとか萌えとか過去倉庫とかの)
向こうの更新情報は、
Twitterでお知らせしています!
よろしければ、
フォロー願います+゚。*(*´∀`*)*。゚+

アカウント「@takarazukalife4






お世話になっております↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓チケット入手に困った時のお助けサイトです



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。