So-net無料ブログ作成

シシィの生まれ変わり花總まりと新シシィ愛希れいか『エリザベート』&音楽のアレンジが… [宝塚OG]







ちょっと遅くなりましたが、
東宝版『エリザベート』の感想です


私は合計4回観劇出来ました


永遠のトップ娘役である花さん(花總まりさん)と、
愛するちゃぴちゃん(愛希れいかさん)を2回ずつです
チケットを頑張って取りまくりましたw


本当に素晴らしかったです…


花さんに至っては、
私は花さん教という宗教に入っているので(笑)、
花さんを見るだけで「ありがたや~」と拝めるほどですw


もちろん冗談ですけど、
私がずんはな時代から、
ずっと好きなトップ娘役さんは、
変わらず花さんなのです


そして、ちゃぴちゃん!


ちゃぴちゃんも、
花さん同様に大好きな娘役さんです
私の愛は深いので(笑)、
きっと花さんのように、
ずーーーっと好きなんだと思います


スポンサーリンク










4回観劇しましたけど、
キャストは全然見れなかった方もいます


基本的に、
花さんとちゃぴちゃんで2回ずつ、
山崎育三郎さんのルキーニと、
かなめさん(涼風真世さん)のゾフィーは外せませんでした


それでも、
残念なことに、
かなめさんは1回見れませんでしたが…(´・ω・`)


トート閣下も、
井上芳雄さんと古川雄大さんで見れました





今回は、
演出が変わったことと、
楽曲のアレンジがされたことが、
過去の『エリザベート』との違いです


演出の変更はいつもありますけど、
こんな大掛かりな楽曲のアレンジは初めてでしょう




このアレンジがですね…
なかなか気持ちが悪い(笑)


さすがに4回見たので、
十分慣れましたけど、
オリジナルの方が断然よかったように思うのですが、
ご観劇された方の感想はどうなんでしょうか


あれを宝塚歌劇でもやるとなったら、
抵抗があるなぁ…


前回の月組『エリザベート』以上に、
事故るような気がします(笑)


ほとんどアレンジが加えられてました…
元に戻らないかなぁ…





1回目の観劇は、
楽曲が気になっちゃって気になっちゃって…
舞台に集中出来ませんでした…


過去は、
『エリザベート』の美しい音楽に聴き惚れて涙したんですけど、
1回目は全然泣けなかったです


2回目以降は少しずつ慣れたので、
感情移入もしやすかったかな


そんな感じの大きな変更点でした…(^_^;)






さて、
花さんとちゃぴちゃんのシシィですが、
どちらも素晴らしかったです


花さんは、
過去にも何度も記事していますが、
とにかくシシィの生まれ変わりなんじゃないか、
と思える気品と華やかさなんですよ…


宝塚歌劇団を退団されても、
今なお色褪せずに、
オーラで輝きまくっているトップ娘役OGって、
花さんくらいじゃないでしょうか


花さんは芝居上手だからこそ、
その位置に君臨出来ているんだと思います


『エリザベート』のシシィであれば、
もっと歌唱力のある、
ミュージカル女優さんを切望される方も多いと思いますが、
あの王家の品格を出せる女優さんとなると、
ほとんどいなくなってしまうと思います


花さんは本当にシシィの生まれ変わりなんじゃないのかな、
と花さん信者の私は思うわけです(笑)

これぞ宝塚の品格!花總まりの『エリザベート』



贔屓目なくしても、
花さんのシシィがいまだにこんなに人気であるのは、
花さんを通してシシィを見ているからでしょう


それが体感出来る、
唯一無二のミュージカル女優だと思います


マリー・アントワネットも、
花さんは上手かったもんなぁ…





一方で、
帝国劇場デビューをはたしたちゃぴちゃん!


こちらも本当に素晴らしかったです


月組『エリザベート』でも、
実質ちゃぴちゃんが引っ張った公演でしたけど、
東宝版はさらに、格段によかったです

さよなら愛希れいか!MY楽で見送る…これぞ集大成!まさにシシィ中心の月組『エリザベート』



面白いのが、月組の時は、
年老いたシシィが抜群に上手かったですけど、
東宝版は、
圧倒的に少女時代のシシィがよかったです


若さが溢れて弾ける感じが、
もう素晴らしかった!
10代の少女そのものでした


ここが今回のW主演の妙でしょう


大先輩である花さんは、
やはり後半の年を重ねた当たりから、
シシィとして凄まじいオーラを放っていきました


ちゃぴちゃんは、
最初っからスターオーラ全開!
フランツが一目ぼれしてしまうオーラが、
溢れまくってました


ちゃぴちゃんのシシィは愛らしいに尽きます
あのキュートな感じが、
現代的でよかったように思います


あんなに魅力的であれば、
そりゃフランツも惚れるよね…(2回目)



2人とも、
演技力が素晴らしい方なので、
表現の違いこそあれ、
どちらのシシィも、
十分楽しめることが出来たと思います


スポンサーリンク





シシィという役は、
スターオーラが必要な役なのだなぁ、
とあらためて感じた今回の『エリザベート』でした


だからトップスターさんが、
OGになって演じることが多いのも納得


あの眩しいスターオーラって、
トップスター特有ですもんね…


東宝で演じられたトップスターさんは、
皆さん歌唱力のある方ばかりでしたし
あ、コムさん…(笑)←


ってことで、
来年の『エリザベート』は、
みりおくん(明日海りおさん)来るかな~?
どうかな~?w

明日海りおが出演する!?…2020年『エリザベート』決定!花總&愛希とトリプル?




私的には、
すごく見てみたいです


ただもし本当にみりおシシィが来るとすれば、
チケットは無理だろうなぁ…


花さんとちゃぴちゃんで我慢します
…いやいや花さんはシシィの生まれ変わりだし、
ちゃぴちゃんも人気だったからなぁ…
いずれにせよ、難しそうです


スポンサーリンク




【関連記事】
・私的「愛希れいかが演じたベストキャラクター」TOP5
・花總まり『マリー・ アントワネット』…これぞアントワネット!宝塚史上最高の姫役者健在!
・『レディ・ベス』観劇…花總まりの可憐さに悶絶&号泣な名作
・明日海りおの愛希れいかへの愛いっぱいの言葉に泣けた…やっぱりなぁと確信

【お知らせ&更新情報】

●2019年3月23日に記事更新しました
「2018年 宝塚歌劇 観劇の満足度」アンケート結果の数字から見る比較分析

●1月29日~2月5日に実施してました、
第4回アンケート「95期・神7について」の、
結果発表です!
第4回アンケート結果発表!お題は「95期・神7について」

●結果発表やコメント返しなどの、
(アンケとか萌えとか過去倉庫とかの)
向こうの更新情報は、
Twitterでお知らせしています!
よろしければ、
フォロー願います+゚。*(*´∀`*)*。゚+

アカウント「@takarazukalife4






お世話になっております↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓チケット入手に困った時のお助けサイトです



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。