So-net無料ブログ作成

『GOD OF STARS』瀬央ゆりあの階段降りの謎…星組爆上げ中だったのに【95期・神7 考察】 [星組]







この話は、
『GOD OF STARS-食聖-』
『Éclair Brillant(エクレール ブリアン)』の、
宝塚大劇場の千秋楽の時に、
語ろうと思ってたのですが、
グズグズしていたら今日になってしまいました…


この間の週末に、
東京宝塚劇場で観劇した時、
「あ!!」と思い出したのでした…(^_^;)





今回はタイトルどおり、
我が星組のせおっち(瀬央ゆりあさん)の階段降りについてです


その話をキッカケにして、
ちょっと語っておきたいと思います


ショー『Éclair Brillant(エクレール ブリアン)』の、
フィナーレの階段降りを見て、
正直驚きました…


てっきりことちゃん(礼真琴さん)の直前で、
階段降りすると思っていたからです


それが、
みつるさん(華形ひかるさん)だったのです…


スポンサーリンク










せおっちは、
みつるさんの前に降りてきたのです


つまり上から並べると、こういうこと

瀬央ゆりあ→華形ひかる→礼真琴→綺咲愛里→紅ゆずる


せおっちがみつるさんより先に、
階段を降りてきました


みつるさんを抜けない理由がよくわかりません…




というのも、
さゆみさん(紅ゆずるさん)主演の『鎌足』でも、
せおっちとみつるさんは共演しています


その時は、
みつるさん→せおっち→あーちゃん→さゆみさん、
の順番にご挨拶がありました


『鎌足』はショーではないとはいえ、
やはり番手の順番でご挨拶は決まります
この時は、
明らかに、せおっちの方が番手が上だったのです


専科のみつるさんに配慮したのか、
といえばそうかもしれまんが、
それだと、同様にみつるさんが出演した、
『ANOTHER WORLD』『Killer Rouge(キラー ルージュ)』の時は、
かいちゃん(七海ひろきさん)より先にみつるさんが階段降りをしていました


つまり、3番手だったかいちゃんは、
ちゃんと3番手のまま階段降りをしていた、ということです


専科さんへの配慮が、
今回の『Éclair Brillant(エクレール ブリアン)』だけ、
発動してとは思えないです





ここまでせおっちを爆上げしておいて、
この順番ですよね…(´・ω・`)


うーむ…

瀬央ゆりあの爆上げが現実に!次期星組は本当にことせお体制になるのか




愛ちゃん(愛月ひかるさん)が、
2番手として星組に組替えされます


そのため、
夢の同期ワンツーは途絶えてしまいました


3番手であるのはわかるんですけど、
『鎌足』→『Éclair Brillant(エクレール ブリアン)』の間に、
せおっちの立場が若干弱くなったと思えるような配慮が、
非常に気になります





私は以前から、
何度も何度も言ってますけど、
95期・神7全員が、トップスターになるとは思ってません
3れい止まりだと、今でも思ってます


95期だけそんなに優遇されるわけがない、と考えるからです


れいこさん(月城かなとさん)がトップになっていないので、
実際には、まだ3れいではないですけど、
いずれ、れいこさんまではなるであろうと考えています





そうなった場合、
トップ娘役も3人も排出し、
トップスターも3人出たら、ちょっと凄すぎるわけです
異常なくらいの排出率!


95期は、
確かに優秀ですし、華やかでスター性も十分です
でも、その前後を見ると、
あまりにあんまりな状況です


特に97期と99期は、
本当にもう…気の毒としか言いようがない…


スポンサーリンク






さらに89期という素晴らしいスターがいても、
たった2人のトップスターしか出なかったわけです
あとトップ娘役が1人


やはり、
95期からそんなにわんさか出るわけがないですよね…


…と、これは私が冷静に判断と分析をした場合になります…





ただの95期応援団となった時には、
やはりものすごく贔屓目に見てしまうわけです


1人でも多くトップスターになってくれたらいいなぁ、
と純粋に想像して楽しんでいる自分もいるわけです


切磋琢磨して、
成長し続ける95期生を見ていると、
本当にワクワクしますから





とはいえ、
劇団はこうだと思ったら、
何が何でも上げていきますし、
反対に、
冷酷と思えるような判断を平気でします


そういう時が来ても大丈夫なように、
心の保険を掛けておく必要があるわけです


せおっちは、
割と大器晩成型だと思っているので、
ことちゃんの時代に、
より磨かれて輝き続けてくれると嬉しい限り…


そうしたら、ワンチャンあるといいなぁ…


オリジナルであれば、
歌唱力も安定してきてますし、
演技力も向上していますし
せおっちをしっかり見守りたいです


ことせお好きですから…


私にとって、
べにことの萌えを引き継げるのは、ことせおだけなので…


スポンサーリンク




【関連記事】
・瀬央ゆりあ主演『龍の宮物語』&と礼真琴主演『ロックオペラ モーツァルト』ポスター
・新生星組の体制を考える…星の2番手は愛月ひかるだろうけど戦略はどうなる?
・「月城かなとファーストフォトブック」発売!水美・朝美・瀬央・桜木も発売!95期・神7揃う!
・【水美・月城・朝美・瀬央・桜木】95期の今後の動向をざっくり考えた【95期・神7 考察】=2019年8月8日付=

【お知らせ&更新情報】

●2019年3月23日に記事更新しました
「2018年 宝塚歌劇 観劇の満足度」アンケート結果の数字から見る比較分析

●1月29日~2月5日に実施してました、
第4回アンケート「95期・神7について」の、
結果発表です!
第4回アンケート結果発表!お題は「95期・神7について」

●結果発表やコメント返しなどの、
(アンケとか萌えとか過去倉庫とかの)
向こうの更新情報は、
Twitterでお知らせしています!
よろしければ、
フォロー願います+゚。*(*´∀`*)*。゚+

アカウント「@takarazukalife4






お世話になっております↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

↓チケット入手に困った時のお助けサイトです



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。